inoru.jpg

――日本中で、増えつつある「キラキラネーム」「DQNネーム」。名前はその人の大事な看板、一生を左右するものです。実際にキラキラネームは姓名判断言霊診断でどんな運勢になるのか、どんな特徴をもった名前なのか、鑑定していきたいと思います!

 名字には、先祖代々の運命が宿っているといわれています。そして、名前には、本人の性格や愛情、ものの考え方などがあらわれます。子どもに、歴史上の人物や有名人の名前を付け場合、同じような運の流れを送りがちです。たとえば、若いうちは苦労したけれど、大器晩成型で大成功を収めた人物なら、同じように晩年に幸せが訪れる可能性大。逆に、若いうちは華やかな人生だったけれど、中年以降落ちぶれたり、悲劇に見舞われたという場合は、同じようになってしまうかもしれません。歴史上の人物などにちなんだ名前をつける場合は、その人物の人生全般にわたって調べ、大きな浮き沈みはないかチェックしたほうがいいでしょう。

 今回は、有名人で思いあたる名前の人はいませんが、「どんなに困難があっても、あきらめないで」という親の思いが込められている名前です。「いつか、きっと、うまくいく!」という思い。その願いは届くのでしょうか。

<今回鑑定する名前>
「祈叶」

性別……男性の名前
読み……きっと
14画……逆境運
※画数は旧字体で数えています。 

読み難解度 ★★★★☆
名前の運気 ★☆☆☆☆
オススメの名字……9画(例:大西、星、中田など)、10画(例:中西、江口、村山など)

この名前の運気は?

 14画は「逆境運」。子どものときは、対人関係でつらい思いをすることもあるでしょう。夢見がちなタイプですが、理想に現実がともなわず、悩むこともありそう。悩みごとや不満を人に話さないため、ストレスをためこんでしまうでしょう。晩年、孤独にならないためにも、信頼できる人物との関係を若いうちから築いていくことが重要です。

 名前の最初が「き」の人は、大人しそうに見えて、かなりの頑固もの。自分が決めたことは、何がなんでもやり抜こうとするでしょう。しかし、自己流にこだわりすぎて、空回りすることも。少し聞く耳をもったほうがうまくいくはずです。

どんな性格?

 内向的でナイーブな性格ですが、人前では明るく振る舞い、みんな溶け込もうとして、自分から話すように心がけているでしょう。その半面、ちょっとしたことで傷つきやすく、くよくよと悩みがちです。思いやりがあり、優しそうに見えるので、真面目で優しい女性から好かれるでしょう。

 しかし、自分勝手な面があり、恋人ができても、別の女性にちょっかいを出して、三角関係に発展しがち。30歳以降、本命があらわれて結婚しますが、仕事に没頭するようになると離婚の危機が発生。スキンシップや愛情表現は欠かさないように。仕事では、本業のほかに、小説家になりたい、趣味をきわめて仕事にしたいなど、セカンドビジネスに興味を持つでしょう。

 大きな夢は、小さな夢をいくつも設定して、階段のように昇っていくほうが早く実現できるはず。小さな幸せを喜べるかどうかが、大きな幸せを呼びこむ力となるでしょう。

★「キラキラ姓名判断」のバックナンバーはこちらから

金森藍加

金森藍加

占い師&ライター。神社めぐりとハシビロコウが好き。監修占いサイト『金森藍加のケルト占星術』、公式モバイルサイト『ケルト☆魂の癒やし』。
・ブログ「神社ラビリンス





オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする