【今後の世見】

・2013/03/17:「どうやらあのスタンフォード大学の存在があったようなのです」「何となくなんだけれど、この一帯に大災害が起きる気がしているのです」「りんごが嵐に遭うと聞こえた気がしたけれど、台風でリンゴが落ちるのかなぁ」

 スタンフォード大がある米カリフォルニア州で地震があるのだろうか。その話題に続いて「りんご」の話題が出るということは、シリコンバレーにあるアップル社のことだろう。アップル社に何か「嵐に遭う」ような大変な事件が起きるのだろうか。

・2013/04/25:「私達は自然界の脅威をどのような姿で見せられるのでしょうか。」「魔の水曜日」この言葉がすごく耳についたことがありました。そして、その日はカレンダーに赤色がついていたので祝日? とも思った事がありますが、この意味は私には分かりません」「『シーパラダイス』このような場所が当時あるのかもわからずポスターが見えて、この辺りに魔の水曜日の謎を解く鍵があるのではと、25年目の思いを改めて感じているところです。」

 さらに、松原氏は2012年の初めに非公式の場で、「魔の水曜日に何かが起きる」と語っていたという。上記の記事を見ると、それは「大地震+津波」を指すのではないかと思えてくる。水曜日が祝日となる日に起きるという意味なのか。いくら偉大な予言者でも、日にちまで指定した災害の予言は困難と思われるので、解釈が難しいところだ。

 ちなみに、「シーパラダイス」というレジャー施設は全国に数か所あるが、三重県伊勢市にある二見シーパラダイスのことかもしれない。または、神奈川県横浜市の八景島シーパラダイスだろうか。いずれの場合でも、南海トラフ地震が起きれば津波で甚大な被害が起きる可能性があるところだろう。松原氏は、南海トラフ地震についても警告を発しているが、それについては「2016年に南海トラフ地震が起こる!」の記事で紹介してある。さて、「魔の水曜日」に、いったい何が、いつ起きるのか? 今後の氏の世見に注目したい。

■百瀬直也(ももせなおや)
 スピ・超常現象研究家。10代でスピ世界に目覚め、内外の聖地巡礼を続ける。シャーマニズム、古代史、民俗学、地震予知、占星学なども研究。各種カウンセリングも行う。特技はダウジングによる地震予知。著書は『ヴィア・ドロローサ~イエスが歩いた悲しみの道』『大地震の前兆集~生き残るための必須知識』シリーズ (Amazon Kindle本)など。Twitterは@noya_momose。
・ブログ「探求三昧



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • オカルト
  • 地震予知
  • > 「ナンバー1予言者」松原照子  3.11の次は「地震」「魔の水曜日」「アップル社が……」