足裏も色が変化するんだ!

 あなたは自分の健康状態を把握できていますか? 実は自分の身体のことって、わかっているようでわからないもの。若い頃の体力を過信して無理を続けていたら、いきなり体調を崩してしまった! なんてことになったら一大事。デキる女性にとって、そんな事態を防ぐための自己管理は必須です。そこで役立てたいのが足の裏から現在の体調を知ることができる「足裏分析」。これは、足裏にあらわれた心と体のサインを読み取る方法です。

 足裏からわかる、自分でも気づかない本当の身体の状態とは? さっそく靴下を脱いで現在のあなたの身体の状態をあらわす「色」を見ていきましょう! 足の色を顔色に置き換えるとイメージしやすいですよ。

■ピンク色……最も健康な状態
 赤ちゃんのようなキレイなピンク色の人は、心も身体もベストな状態。足の中央内側の土踏まずの部分がやや白く、外側はピンク色で、つま先とかかとはやや赤っぽいピンク、という足が理想。健康な人なら、年齢にかかわらずキレイなピンクなんですよ!

■赤色……イライラしている状態
 赤い色は、余計なエネルギーがたまっている状態。触れてみると熱く火照っていることも。最近、イライラしたり怒りっぽくなっていませんか? 特に親指、足の先のほうは頭部をあらわしています。日頃から何かに怒っていたり、誰かに対して憤りを感じているのでは?

■白色……エネルギー不足な状態
 白い足裏は、栄養とエネルギー不足。血のめぐりが悪く、代謝が悪い状態です。貧血っぽい、栄養の偏った食事をしている、もしくは職場やプライベートで精神的な疲労を感じていませんか? 最近「顔色悪いよ」と言われた人は足裏で要チェック!

■黄色……肉体が疲労している状態
 白が精神的な疲労なら、黄色は肉体的疲労。疲労の原因となる肝臓の機能低下や、胃腸の調子がダウンしていませんか? 毎日身体がだるい……そんなあなた、足が休息を必要と言っていますよ。

■紫……血の巡りが悪い状態
 いかにも不健康な紫色の人は、血液の流れが悪く、体に老廃物が滞っている可能性が。冷え症の人も紫色であることが多いです。

■ピンクと黄色が混ざっている……本来は健康だけど、一時的に疲れている状態
 「ピンク=健康」と「黄色=肉体的疲労」の両方が混ざった色の場合は、「本来は健康だけど、今は肉体的に疲れている」という状態をあらわします。最近残業が続いていたりしませんか? 自分は健康だからと、無理をしすぎないように気をつけて。

■グラデーションがない……内蔵が疲れている状態
 土踏まずあたりにも白い部分がなく、足裏が赤一色の場合は、小腸が炎症を起こすなど、内蔵の働きが乱れている可能性。ストレスによる自律神経の乱れを感じているかもしれません。

 さて、あなたの足裏は何色でしたか? 普段は目にしない足裏ですが、実は、さまざまなサインを発しているのです。特に色は体調や環境によって変わりますから、会社勤めの人だったら金曜は黄色、低血圧気味の女性は白、上司にイライラした日は赤……なんてこともあるかもしれません。

 「足裏が真っ黄色! でも仕事はまだまだ忙しいし、休みも十分に取れそうもない! どうしたらいいの!?」とお嘆きのあなた! これも足裏で解決できます。もちろん、ゆっくり身体を休められればいいのですが、まずは足裏を毎日マッサージしてみて。足裏と身体は反射区で対応しているので、足裏を揉みほぐすことは全身マッサージと同じ効果があるんです。体調が回復してくるとだんだんピンク色に近づくので、「ピンクになあれ~」と念じながら、自分が気持ちいいと感じるように足裏をいたわってあげてくださいね。

 足裏分析は、他人の足にも応用できます。こっそり彼の足裏をチェックして「何か仕事で怒っているの?」「ずいぶんお疲れみたいだね」なんて声をかければ、あなたの優しさに惚れ直すこと間違いなしかも!?
(松子、リフレクソロジスト・市野さおり)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 占い
  • 人間関係
  • > 足裏が赤一色の人は小腸に炎症が!? 足裏の色でわかる肉体疲労度