kanyoshokubutu.jpg
Photo By MOVINGPHX From Flickr

 風水ではずせないアイテムというと、何を思い浮かべますか? 絶対になくてはならないもの、それは「観葉植物」。凶相をカバーしてくれるパワーを持つ頼れる存在です。「とりあえず観葉植物を置けばいいんだ」と思ってしまいがちですが、それは間違い! むやみやたらに置けばいいというものではありません。葉の形や大きさにより、パワーそのものも変わってきます。そのため、悩みにあっていない形や大きさの観葉植物を置いても運気があがらない、なんてことも。今回は観葉植物の風水パワーを紹介します。

 まずは、葉の形別に運気をチェックしましょう!

<観葉植物の葉の形>
■先がとがった葉

 細くとがった葉を持つ観葉植物は、「鋭い気」を発生させます。鋭敏さを与えてくれるので、仕事や勉強の効率を上げる、アイデアを増やすなど、仕事運向上に役立ちます。しかし、調和とは無縁のパワーなので、人が集まる場所には置かないほうがいでしょう。家族が集まるリビング、カップルなら寝室などに置くとイライラしてケンカを招くことも。

■先が丸い葉
 丸い葉は穏やかで気を落ち着かせる気を発生させます。寝室、リビングなどに置くとリラックス効果を高めてくれます。また、調和パワーも与えてくれるので、置いておくだけで家族や友人、恋人、社員の絆を深める手助けも。

 そして、観葉植物の姿(成長の仕方)は大きく分けて2種類あります。

<観葉植物の姿>
■上に向かって成長する植物

 上に向かって葉が生えているものは、「陽」の性質を意味します。エネルギーを与えて活発な気を発生させます。もっとパワーアップしたい人にオススメ。

■下に向かって成長する植物
 下に垂れ下がって成長する葉は「陰」の性質を持っています。ソワソワ、イライラして気持ちが落ち着かない人にオススメ。不安や怒りの気を優しく鎮めてくれます。

 観葉植物はただ置けばいいというわけではありません。効果的な置き方を部屋の場所別にチェックしましょう!

<観葉植物を置く場所>
■玄関

 幸運の気を取り入れるためには、必ず玄関に観葉植物を置くこと。靴箱の上がオススメです。靴箱がない場合は、玄関の内側に置くようにしましょう。邪気除けも兼ねたいので、先のとがったものを選ぶのがオススメ。

■リビング(ワンルームの場合は部屋スペース)
 リビングは気が停滞しやすい場所。窓の近くに置くようにすると、気が流れ、運気が巡り始めます。良縁にも恵まれやすくなります。ここでは大きくて丸い葉の観葉植物を選びましょう。

■キッチン
 キッチンに観葉植物を置くことも大切。本来、相性の良くない「水」と「火」」が一緒になっているキッチンは、2つのエネルギーがぶつかり合い反発するため、悪い気がたまりやすい場所なのです。コンロと流しの間に小さめの観葉植物を置くと気を鎮めてくれます。

■トイレ
 トイレは不浄な場所なので悪い気が集まりやすいです。室内に悪い気が流れ込まないように、丸い葉の観葉植物で浄化&調和をさせましょう。特に「アイビー」がオススメ。葉がハート型をしているので、エネルギーだけでなく、気持ちまで穏やかにしてくれます。

 観葉植物には、マイナスイオンが心身をリラックスさせて代謝や抵抗力を高めたり、お肌をキレイにしてくれたり、自律神経の乱れを改善するパワーまで秘めています。ただのインテリアとして楽しむ人も多いですが、風水を活用して部屋に置けば、自然のパワーが室内を浄化して運気アップにもつなげてくれます。いうまでもありませんが、「観葉植物を置いたからもう安心!」と、ほったらかして枯れてしまっては元も子もありません。愛情を込めて育ててくださいね。
(マツモトユニコ+風水アドバイザー宮原利恵)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする