月の満ち欠け

tsukinomichikake.jpg

 月の満ち欠けは、月齢0(ゼロ)から満ちていき、満月になり、そして欠けていくということを、29.5日の周期で繰り返す。月の満ち欠けは潮の干満に影響を与え、体の70%以上が水分でできている人体にも身体的精神的影響が与えるといわれている。女性の月経やお産にも月が影響していると言われている。西洋占星術的な解釈では、月は「惑星」としてとらえる。

新月

 月と太陽が重なった時に新月が起こる。太陽と月の角度が0°~44°。夜空には月が出ていないが、月は見えないだけで、太陽と平行に移動していると考えればよい。満...

満月

 月と太陽の距離がもっとも離れた時に満月が起こる。太陽と月の角度が180°~224°。月は太陽光を反射して輝いているので、この時に月面に太陽の光をいっぺんに...

上弦の月

 月と太陽の角度が90°~134°の範囲を示す。弓の部分の曲線が下を向き、ピンと張った直線の弦が上向きにある月。ちょうど新月から満月に「満ちていくまで」の折り返...

下弦の月

 月と太陽の角度が270°~314°の範囲を示す。弓の部分の曲線が上を向き、ピンと張った直線の弦が下向きにある月。ちょうど満月から新月にまで「欠けていくまで」の...

月齢

 「月相」とおおむね連動しているが、別物。月の暦(太陰暦)の28日間の周期を、太陽暦の30日間に当てはめたもの。...

月相

 太陽の反射によって表情を変える月を、28種類に分類したもの。主に基本となるのは、新月、三日月、上弦の月、十三夜月、満月、種まき月、下弦の月、鎮静月の8種類であ...

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用

ハピズムをBookmarkする