[an error occurred while processing this directive]
トップ > 特集記事 > 干支について知ろう!

干支について知ろう!

【ハピズムの記事より】

tatu01.jpg
Photo By sftrajan Flickr

 今年もあとわずかとなりましたが、来年もさらによい年としたいですよね。家が神社やお寺と関わりがあれば、社寺からいただいてきた「暦」があるはずです。自分の星(一白水星~九紫火星)によって、来年の運勢が書いてありますから、年末年始になるとこのような占いを参考にする人が多いと思います。

 干支(えと)もそのひとつ。

 干支といわれているのは、十二支十干(じゅうにしじっかん)のことで、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二支と、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十干の組み合わせで60通りになっています。60歳のことを還暦といいますが、これは干支が一巡して、また始めの干支に戻るからこのように呼ばれるのです。

 十二支も十干も本来は記号的なもので、呪術的な意味を持って成立したものではないとされています。古代中国で日付や時刻や方位などを記録したり、表記するのに利用されていたものですが、天体の周期や陰陽五行などの哲学と組み合わさり、現在のように意味を持つ姿になっています。

 現在の東洋系の占い(四柱推命など)は、ほとんどこの十二支十干を元にしているといっても過言ではありません。例えば、昔流行った天中殺、細木数子の六星占術、0学占いなどは、「空亡」と呼ばれる十干と十二支の組み合わせで欠けている部分が元になっています。干支の意味づけが行われたのは古く、漢の時代には、十二支に現在と同じような動物が割り当てられていたようです。しかし、専門的な本にはあまり十二支に割り当てられた動物に言及されることは少なく、植物の成長過程や気の状態や漢字の原義から語られることが多いようです。

 また、新年に初詣などでおみくじを引くと思います。おみくじは神様からのメッセージです。気軽に結んでしまわないで、結果が良くても悪くてもお財布などに入れて持っていましょう。こちらも、なにか困った時に見返してみると何かヒントになるかもしれません。

 干支の占いが天候だとすると、おみくじは自分の体調だと考えれば分かりやすいでしょう。非常にいい天候でも、体調が優れなければ、窓を開け家で本でも読んでいたほうがいいでしょう。逆に台風が来ているのであれば、元気でも戸締まりして出かけるのを控えたいものです。
(中津川昌弘)

もっと詳しく読む

干支について知ろう!
【ハピズムの記事より】 Photo By sftrajan Flickr  今年...
金環日食の正しい観察方法
 きたる5月21日は、「金環日食」。"日食"とは、太陽の手前を月が通過することに...
簡単にできる新月の願いごとのしかた
 新月に願いごとをするとかなう、という話を知っていますか? 新月とは月齢0(ゼロ...
月と女性の神秘的なカンケイ
 月の満ち欠けが潮の満ち引きに関係している話は有名ですが、実は、70パーセント以...
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]
ハピズムをBookmarkする
を押すとリストが開閉します

占い

暦