縁日

 縁日とは、神仏との"ご縁"が深くなる日。それぞれ祀られている神仏にちなんだ日が設定されており、この日に参拝するといつにもまして、さらなる加護や功徳が得られると言われている。
※各神社・寺院によって日付が異なるため、事前に確認が必要である。

観音

 毎月18日。慈悲の心にあふれた仏であり、人々のあらゆる労苦・悩みを取り除くと言われている。また「千日詣」として4万6千日分の加護が得られる日もある。ほおずき市...

水天・水天宮

 毎月5日。水と子どもを司り、安産や水難除け、子宝、水商売にご利益がある。福岡県・久留米の水天宮を総本宮とし、東京都・日本橋の水天宮や埼玉県・久米水天宮などがあ...

薬師・薬師如来

 毎月8日。慈悲深く、人々を病や貧困、災いなどあらゆる苦しみから救う。特に医療を司ることから不治の病を治癒すると言われている。奈良県・薬師寺、長野県・長円寺、島...

鬼子母神

 毎月8、18、28日。人の子を食う邪神であったが、自らの子を隠された悲しみによって仏教に帰依した。子授けや安産、子どもの守り神とされている。東京都・法明寺(雑...

金刀比羅

 毎月10日。海の守り神として、船乗りに崇拝された神。五穀豊穣、平安、運気向上などの加護があると言われている。香川県・金刀比羅宮、東京都・金刀平羅宮などが有名。...

阿弥陀如来

 毎月15日。あらゆる人々を極楽浄土へと導くとされている仏。厄除け、家内安全、病気平癒など。長野県・善光寺、神奈川県・高徳院(鎌倉大仏)などが有名。 ...

歓喜天

 毎月16日。象の頭に人の体を持っているヒンズー教の神・ガネーシャが仏教に帰依、恋愛成就、夫婦和合、子宝、商売繁盛などに功徳がある。奈良県・寳山寺(生駒聖天)が...

弘法大師

 毎月21日。真言宗の開祖・弘法大師(空海)の忌日にちなんだ縁日。災難厄除け、心願成就、家内安全、病気平癒などの功徳があるとされている。神奈川県・川崎大師、東京...

地蔵菩薩

 毎月24日。子どもの成長を見守ると言われる神様で、延命長寿、病気の身代わり、厄除け、家内安全などに加護がある。東京都・高岩寺(とげぬき地蔵尊)、滋賀県・木之本...

天神

 毎月25日。平安時代、無実の罪で大宰府に流された菅原道真がその後、学問の神として祀られている天満宮。その忌日にちなんだ縁日で、学業成就や冤罪を晴らす、芸能や厄...

不動明王・不動尊

 毎月28日。右手に剣、左手に縄を持ち、あらゆる魔や迷いを調伏すべく、怒りの形相を浮かべている不動明王。護摩を炊くことで煩悩を消滅させると言われ、勝利事や立身出...

大黒天

 甲子の日。手に打ち出の小づちと袋を持ち、笑顔が印象的な七福神。商売繁盛や子宝、開運招福などの功徳があるとされている。大阪府・四天王寺、京都・松ヶ崎大黒天、東京...

稲荷神

 午の日。稲荷神社の総本山、京都の伏見稲荷に神が降臨した日にちなむ。商売繁盛、家内安全、五穀豊穣など。吒枳尼天(だきにてん)を祀る愛知県・豊川稲荷(妙厳寺)、東...

弁才天・弁財天

 己巳の日。特に1月の初巳の日は「初弁天」と言われている。琵琶を手にした女性の神・弁財天は、芸事や金運、勝負事にご利益を授けると言われている。奈良県・天川神社、...

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用

ハピズムをBookmarkする