選日(せんじつ)

 「せんじつ」と読む。のひとつで「撰日」、または「雑注」とも言う。暦の種類は「六曜」「七曜」「十二直」「二十八宿」「九星」「暦注下段」などさまざまだが、これらの暦の「暦注(=暦の注釈で、その日や時間、方位など決められた吉凶のこと)」に含まれなかったすべての日のこと。選日の多くは、その日の「十干十二支」の組み合わせから、吉凶が判断されている。

一粒万倍日

 この日に一粒の米をまくと、万倍の稲穂となって大きな富をもたらしてくれると言われる。何か新しいことを始めるのに最適な日。また、この日に考えたアイデアは素晴らしい...

不成就日

 何かを始めても結果的にうまくいかない、願いが成就しないとされる日。行動を起こすなら、この日は避けたほうが無難。いつも通りのルーティンワークをこなして。控えめに...

八専

 「天干」と「地支」の五行の気がそろう日のこと。壬子から癸亥までの間に8日だけあるので八専と呼ぶ。気が乱れ、物事がうまくいかない。また、神が冥界に帰るため、神事...

三隣亡

 家を建てたり、大工のように高いところへ昇ったりすると不運が訪れるとされる日。「(この日に建てた家は)火事で三軒隣まで焼き尽くす」という意味がある。もとは「三輪...

天赦日

 結婚、慶事などに最適な、大幸運日。この日には、百の神が天へと昇って、人々の罪を許してくれるとされている。何かを始めるのにもいいので、躊躇していたことがあるなら...

十方暮

 「天干」と「地支」の気が、「相剋(互いのエネルギーを削る)」の関係になっている日。何事もうまくいかない厄日。骨折り損のくたびれもうけになりやすいので、大人しく...

天一天上

 方位の神様が天へ帰る癸巳から戊申の16日間のこと。家さえキレイにしておけば、どこへ出かけても幸福な出来事に出会える日。旅行にも最適なので、この期間に合わせて休...

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用

ハピズムをBookmarkする