六曜(ろくよう)

 太陰暦(旧暦)で吉凶があるとされる日のこと。先勝友引先負仏滅大安赤口の6日。別名、「六輝(ろっき)」や「六曜星」とも言う。日本ではカレンダーや手帳などにしばしば記載され、日々の吉凶はこの六曜で判断されることが多い。たとえば、結婚式などのおめでたい祝日には「大安」がベストで、「仏滅」は避けるべきとされ、「友引」は葬儀を慎むべきとされている。このように、特に冠婚葬祭における影響力が強い。

先勝

 何事も先手を打ち、先に先にと物事を進めていくのがいい日。午後になると運気が下がるため、大切なことは午前中に行うとよい。...

友引

 この日に行ったことは、友人など身近な人たちを巻き込むとされている。そのため、通夜などはこの日を避けて行われる。朝晩は吉。...

先負

 急がば回れの日。この日は無理に行動を起こそうとせずに、じっと待っているほうがいい。午後になるにつれ、運気が上がる。...

仏滅

 何をやっても結果が出ず、うまくいかない日。焦って動くとすべてが無に帰す恐れがあるため、慶事には向かない。...

大安

 何をやってもうまくいくとされる、最高の運勢の日。物事を始めるのにももってこい。結婚式などに向いている。...

赤口

 物事に支障が出やすい日。かつては鬼が暴れているとされていた。刃物や火に注意。昼頃少しだけ運気回復、再び下がる。...

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用

ハピズムをBookmarkする