雑節

 日本独特の暦。「五節句」や「二十四節気」以外で、「季節の変わり目」を感じる日のこと。農業を営むにあたり、五節句や二十四節気では季節の変化が大雑把すぎるので、もっと細かい暦がほしい、ということで生まれた「農家の知恵」。これにより農作物を育てる目安とした。このように、雑節は人々の暮らしと密接に関わり合っているのである。節分八十八夜入梅半夏生二百日二百二十日土用彼岸社日などのこと。

旧暦

 日本で江戸時代まで使用していた「太陽太陰暦」のこと。「太陰」とは「太陽」の反対で、「月」を表すもの。現在、我々が使っている暦は太陽の動きを元にした「太陽暦(グ...

暦・歳時記

 私たちは1日、1週間、1カ月、1年......というサイクルの中で暮らしている。このように、時間をさまざまな規則的な単位で区切ったものを「暦」と呼ぶ。太陽...

六曜

 太陰暦(旧暦)で吉凶があるとされる日のこと。先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6日。別名、「六輝(ろっき)」や「六曜星」とも言う。日本ではカレンダーや手帳な...

節句

 季節の節目に行う年中行事の日。「節」とは古代中国で「季節の変わり目」を表す言葉。中国の暦では「奇数の重なる日は陰になる」と考えられ、邪気を払うための行事が行わ...

二十四節気

 二十四節気とは、太陽の通り道(黄道)を、春分を起点に、次の春分に至るまでを約15日ごとに分割したもの。春、夏、秋、冬という季節の移り変わりを示すために用いられ...

選日

 「せんじつ」と読む。暦のひとつで「撰日」、または「雑注」とも言う。暦の種類は「六曜」「七曜」「十二直」「二十八宿」「九星」「暦注下段」などさまざまだが、これら...

雑節

 日本独特の暦。「五節句」や「二十四節気」以外で、「季節の変わり目」を感じる日のこと。農業を営むにあたり、五節句や二十四節気では季節の変化が大雑把すぎるので、も...

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用

ハピズムをBookmarkする