太陽

 「自分自身」「アイデンティティ」を象徴する天体。太陽系の中心にあり、もっとも強大なエネルギーをもつ星。ローマ神話に登場する、大神ジュピターの息子である、アポロ(ギリシア神話のアポロン)が司る星とされている。太陽がすべての生命の源であることからもわかるように、人間に与える影響はもっとも大きく、自分らしさや行動のスタイル、生きる原動力や目的を意味している。特に25~35歳まで強く影響を及ぼす。約1カ月で星座を移動。獅子座支配星

 「感情」を象徴する天体。ローマ神話に登場する、狩りの女神であるディアナ(ギリシア神話のアルテミス)が司る星とされており、特に、女性の人生や心身に影響を及ぼすこ...

水星

 「知性とコミュニケーション」を象徴する天体。ローマ神話に登場する、商業の守り神・マーキュリー(別名メルクリウス。ギリシア神話のヘルメス)を由来としている。知識...

金星

 「愛と美」を象徴する天体。ローマ神話に登場する、愛と美の女神・ヴィーナス(別名ウェヌス。ギリシア神話のアフロディーテ)が司る星とされる。人や物に対する愛し方、...

火星

 「闘争と攻撃性」を象徴する天体。ローマ神話に登場する、戦と農耕の守り神・マーズ(別名マルス。ギリシア神話のアレース)が司る星とされる。闘争本能や戦い、スポーツ...

木星

 「拡大と発展」を象徴する天体。ローマ神話に登場する、全知全能の主神・ジュピター(別名ユピテル。ギリシア神話のゼウス)が司る星とされる。寛容さ、幸運、楽観性、学...

土星

 「革命」を象徴する天体。ローマ神話に登場する、天空神・ウラヌス(別名カエルス。ギリシア神話のウラヌス)が司る星とされる。古い体制を改革していく力、突然の変化、...

天王星

 「革命」を象徴する天体。ローマ神話に登場する、天空神・ウラヌス(別名カエルス。ギリシア神話のウラヌス)が司る星とされる。古い体制を改革していく力、突然の変化、...

海王星

 「無意識や精神性」を象徴する天体。ローマ神話に登場する、海の神・ネプチューン(別名ネプトゥヌス。ギリシア神話のポセイドン)が司る星とされる。神秘や幻想、夢、イ...

冥王星

 「死と再生」を象徴する天体。ローマ神話に登場する冥界の神・プルートー(ギリシア神話のハーデス)が司る星とされる。10の天体のうち、もっとも遅く1930年に発見...

太陽

 「自分自身」「アイデンティティ」を象徴する天体。太陽系の中心にあり、もっとも強大なエネルギーをもつ星。ローマ神話に登場する、大神ジュピターの息子である、アポロ...

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用

ハピズムをBookmarkする