タロットカードの種類

 タロットカードにはいくつかの種類があり、代表的なのは三大主流タロットと呼ばれるウエイト版、マルセイユ版、トート版。各カードの象徴や意味、配列は微妙に異なる。現在、もっともポピュラーなのは、ウエイト版である。現在、様々なイラストのタロットが出ているが、初心者は意味を覚えるためにも、まずはこうしたベーシックなものから始めるとよい。

正位置と逆位置

 カードの絵柄が上下正しく出ると正位置、逆に出ると逆位置(リバース)となる。正位置と逆位置では、カードの意味が異なるため、逆位置を取り入れたほうが占い結果のバリ...

大アルカナ

 「アルカナ」は「秘教」を意味するラテン語。タロットのうち「愚者」「魔術師」など、タイトルが記されている全22枚のカードが大アルカナである。これは人間が生まれて...

小アルカナ

 スート(マーク)は「棒」「金貨」「剣」「聖杯」の4種類で「棒=火」「金貨=地」「剣 =風」「聖杯=水」というように西洋占星術における4つのエレメントに対応する...

タロットカードの種類

 タロットカードにはいくつかの種類があり、代表的なのは三大主流タロットと呼ばれるウエイト版、マルセイユ版、トート版。各カードの象徴や意味、配列は微妙に異なる。現...

スプレッド

 タロットカードは、カードを特定の位置に配置して占う方法がもっともポピュラーだが、その並べ方のことを「スプレッド」という。自分の問題か、他者が関わってくるのか、...

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用

ハピズムをBookmarkする