タロット占い

 「タロットカード」を用い、自らが偶然選び取ったカードの中から答えや暗示を読み解く占い。タロットは様々な寓意が盛り込まれた絵柄を持つ大アルカナ22枚と、4つのエレメントで構成された10枚の数札と4枚の人物札を合わせた小アルカナ56枚、合計78枚から成る。ひと組のタロットを「デッキ」とも言う。タロットの起源については、古代エジプトの儀式から生まれた、人間の魂が天界へと至る道筋が描かれたカバラの秘義、占いを得意とした流浪の民が生み出したなど諸説あるが、現在はイタリアで生まれたゲーム用カードに、カバラや占星術、神話など様々な神秘的な象徴が後から加えられたという説が一般的である。

正位置と逆位置

 カードの絵柄が上下正しく出ると正位置、逆に出ると逆位置(リバース)となる。正位置と逆位置では、カードの意味が異なるため、逆位置を取り入れたほうが占い結果のバリ...

大アルカナ

 「アルカナ」は「秘教」を意味するラテン語。タロットのうち「愚者」「魔術師」など、タイトルが記されている全22枚のカードが大アルカナである。これは人間が生まれて...

小アルカナ

 スート(マーク)は「棒」「金貨」「剣」「聖杯」の4種類で「棒=火」「金貨=地」「剣 =風」「聖杯=水」というように西洋占星術における4つのエレメントに対応する...

タロットカードの種類

 タロットカードにはいくつかの種類があり、代表的なのは三大主流タロットと呼ばれるウエイト版、マルセイユ版、トート版。各カードの象徴や意味、配列は微妙に異なる。現...

スプレッド

 タロットカードは、カードを特定の位置に配置して占う方法がもっともポピュラーだが、その並べ方のことを「スプレッド」という。自分の問題か、他者が関わってくるのか、...

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用

ハピズムをBookmarkする