blood_ha.gif

 インターネットが普及し、Youtubeなどの動画配信が生まれてからというもの、CDがオワコンだとされてきている。実際、CDの売上が落ちてきているというニュースはよく目にする。各メジャーレコード会社もあの手この手を尽くしてなんとか立て直そうと頑張っているものの、一部のトップアイドルやアーティストをのぞけば1,000枚売るのがやっとなんていう話も耳にする。

「いまはアニメやゲームなどのタイアップがあった方が明らかに売れますね。正統派のアーティストとしてデビューするよりもアニソン(編注:ゲームソングを含む広義の意味でのアニソン)の歌手としてデビューした方がコアなファンがついて長生きする可能性も高いです。またボカロやニコ動関連のものをCD化するのも売れますね。正統派のアーティストよりも宣伝云々を考えるとコストパフォーマンスも圧倒的にいいんです。うちではボカロ関連のアルバムをリリースすると、7,000枚くらい初動で動く計算でいますよ」(某メジャーレーベルプロデューサー)

 7,000枚という数字は、CDが100万枚売れていた時代からすればインパクトが小さいが、いまでは大きい数字なのだろう。2000年代に入ってからというものPCの普及によりオタクの人口爆発が起きたことで、オタク文化の一般認知度が上がり、アニソンや声優に注目が集まるようになったのは想像に難くない。

 これらと同時に注目したいのはエロゲーの音楽だ。毎年エロゲーが原作のアニメ作品が数本放送されることもあり、エロゲーも一つの文化として認識されているが、テレビアニメと違い、主題歌CDが特典としての配布はあってもリリースされなかったり、リリースはされてもメジャー流通でなかったりと、アニメ主題歌からするとやはり認知度は格段に下がってしまうのが現状だ。しかし、エロゲーソングには非常に優れた曲が多い。

続きをおたぽるで読む






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 流行・ニュース
  • > 【メタル好き注目】これがエロゲーの主題歌なの?! メッチャ熱いメタルなエロゲーソング3選!