OVERDRIVE暴れ祭り

(撮影=S.U)

 エロゲー界のロックスター"bamboo"氏が率いる人気美少女ゲームブランドである「OVERDRIVE」が、プロレスの聖地であるディファ有明で「OVERDRIVE暴れ祭り2014」を開催した。

 この暴れ祭りだが、もともとは『グリーングリーン』シリーズで有名だったGROOVERというbamboo氏がOVERDRIVEを立ち上げる前に所属していたゲームブランドが開催していた音楽イベントのことである。第1回目は2002年に開催された。この当時エロゲー音楽でのライヴイベントは、今と比べてまだまだ美少女ゲームへの理解と一般認知度が低かったために、ほとんど行われていなかった。今では各ブランドが様々な趣向をこらして音楽イベントを開催し、B.G.M FestivalやP.C.M Live!などフェス型のものまで誕生したが、暴れ祭りがエロゲーブランドの音楽イベントの先駆けといえる存在だった。過去に3回開催されたものの、ブランド消滅とともに、暴れ祭りも開催不可能となり、伝説のイベントと化していた。

 しかし2014年になり、その元祖エロゲー音楽イベントである暴れ祭りがOVERDRIVEの手により、ついに復活することとなった。昨年の10月にオリジナルの『グリーングリーン』のCGやBGMを一新したリメイク作である『グリーングリーン OVERDRIVE EDITION』を発売を記念しての開催だ。bamboo氏はOVERDRIVEで『キラ☆キラ』や『DEARDROPS』など数々のヒット作を生み出しているが、『グリーングリーン』が初めてのゲームプロデュース作品だ。bamboo氏はまだこのとき27歳だったそうだ。

 『グリーングリーン』はPS版も発売され、アニメ化もされているヒット作。思い入れのあるファンもたくさんいることだろう。9年ぶりに開催される暴れ祭りは原点回帰の『グリーングリーン』楽曲縛りということで、往年のファンから新規のファンが一堂に集結した。北は北海道、南は沖縄からという、まさに全国からファンが集まった「鐘ノ音学園」の同窓会となり、その人数は約900人にまでのぼった。

続きをおたぽるで読む
 






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 流行・ニュース
  • > 「エロゲーをオワコンにはさせない!」 泣いた!笑った!濡れた!OVERDRIVE暴れ祭りキター!