オタクに"なるほど"面白い!オタクニュース・ポータル「おたぽる」より

1312_konoman.jpg
『このマンガがすごい!2014』(宝島社)

 今月9日に発売日を迎えた『このマンガがすごい!2014』(宝島社/以下、このマン)。ランキング企画の火付け役とあって、今年も発表と同時に各所で話題を呼んでいる。

「オトコ編」1位がすでに初版100万部を突破している『暗殺教室』(集英社)だったりと、例によって「上位に新鮮味なし」といった不満の声が上がる部分はあるが、投票者が増えれば増えるほど、「売れている作品=多くの人が知っている作品」に票が集まるのは必然。20位圏内あたりは、「マンガ読み的には知らない作品があったら焦る」という感じで読むしかないだろう。

 むしろ『このマン』で面白いのは、ランキング以外の部分。各選者のピックアップタイトルや特集企画を見ていくと、何時間でも話ができるポイントが数多くある。

 たとえば、今年特に胸を熱くさせてくれたのはオトコ編の選者になっている歌人・枡野浩一。『このマン』では2012年度版以来3回目の選者だが、マンガ好きなのは有名で、雑誌の選書企画などではおなじみだ。とりわけ枡野浩一のマンガ家・鴨居まさねへの愛情と信頼はすさまじい。10年以上前から何かといえば書評で取り上げ、新刊の帯を書き、文庫版が出るといえば解説をしたためる。そんな枡野は、去年の『このマン』では当然のように鴨居まさねの『君の天井は僕の床』(集英社)を1位に挙げている。

「おたぽる」で続きを読む






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 流行・ニュース
  • > 『このマンガがすごい!』は本当に無難? ランキングよりも面白い選者たちの業