hayashiosamu.jpg
『受験必要論 人生の基礎は受験で作り得る』(集英社)

――事実は小説より奇なり……。華やかな芸能界で繰り広げられる、驚きの事件・発言をお届けします。

 松田聖子が芸能界に登場した1980年時代から、芸能人は恋愛事情も報道されるようになった。

 そして、近年ではインターネット、ソーシャルネットワーク(SNS)が普及し、一般人でも情報を発信できるようになった背景もあり、普段の何気ない私生活をも晒されるようになっている。

 SNSなどには「□□で○○を見た」という芸能人の目撃情報が書き込まれ、本来は守秘義務のある従業員までもが暴露に加担してしまう。そんな芸能人をはじめとする有名人には生き辛い現代だが、意外にも下半身事情、アダルト事情の暴露は少ない。現在のSNSならば、「アダルトビデオ(AV)ショップで○○が□□をかりていた」という情報があっても不思議ではない。

 それもそのはず。有名人たちは、その辺のガードをかなり固めていた。

 先日、放送された『踊るさんま御殿』で、明石家さんまが、「AVは普通に借りれるか?」というフリをした。それに答えたのが、桝太一・日本テレビアナウンサーだ。枡アナといえば、東京大学に現役一発合格した超エリート街道を進むアナウンサーで、アナウンサー人気ランキングの常連でもある。2011年には一般女性と結婚するなど、下世話な話がもっとも似合わない男だけに、「かりませんけど……」と一旦は答えた。だが、すぐに「ダウンロードが一番早いかと……」と正直に懺悔。

 これには共演者たちから「正直に言う必要はないよ」という声があがり、本人も発言を悔やんでいた。

 これを受け、林修先生にもさんまは突っ込む。林先生は「パソコンには履歴が残る」ということでダウンロードしないという。林先生は、ネットで「林先生の奥さん、可愛すぎる」というコメントが多くあがった愛妻がいるため、家でそんなことはできないのだろう。ただ、「ホテルに泊まった時に……」と付け加えたように、家ではなく、誰もいないホテル宿泊時に、AVを見ることがあるそうだ。

 有名人だって、男は男。所詮、動物である。二人とも、「今の所はカットしてほしい」と自身の発言を後悔していたが、2人の発言を聞いて、頷いた芸能人は多いはずだ。
(HHJ_fun) 



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • コラム
  • > 芸能人が嘆く、芸能生活最大のデメリットとは?

最新コラム

芸能人が嘆く、芸能生活最大のデメリットとは?

 松田聖子が芸能界に登場した1980年時代から、芸能人は恋愛事情も報道されるようになった。そして、近年ではインターネット...

TOCANA