ehoba.jpg
バチカンもすごいらしいし

 米ABCテレビは7月31日、オハイオ州クリーブランドに住んでいたエホバの証人の元信者が、子どもの頃から、教会関係者に性的虐待されていたと告発し、エホバの証人オハイオ州会衆と組織を相手取り、民事訴訟を起こしたと報じた。

 原告は26歳の女性で、「性的虐待を受けている子どもたちを守ろうとしない、エホバの実態を世間に知らしめてやる」と、息巻いているとのこと。エホバの証人には「人が罪を犯したと証明するには2人以上の証言が必要」という規則があるため、これまでたくさんの幼児性虐待事件がうやむやにされてきた。女性は「規則を変えるべきだ」と声を大にしているが、そう簡単にはいかないようである。

 ABCテレビの報道によると、今回、エホバの証人を相手どり訴訟を起こしたのは、26歳になるエリザベス・マクファーランド。エリザベスは、"奉仕の僕"だったスコット・シルバシーという男性から、9歳から13歳までの5年間にわたり、繰り返し性的ないたずらをされ、このことを"長老"に訴えたものの、何もしてくれなかったと告発した。

 エホバの証人の信者たちは、週2回集まって聖書について学んでおり、この集まりの単位を会衆と呼んでいる。いわゆる牧師のような聖職者はおらず、資格を持った"長老"と呼ばれる霊的に円熟した男たちが、会衆の集会を毎週司会し、信者たちを霊的に導く。

 "奉仕の僕"とは、長老団を助け、会衆がスムーズに行えるよう奉仕する役割を担う男たちのことを指す。敬虔な信者の中でも、信頼でき良心的に務めを果たすことができる者だけが選ばれ、長老からも信者からも、厚い信頼を得ている。

 エリザベスの弁護士は、「エホバの証人には、人が罪を犯したことを証明するには、加害者本人が罪を認めるか、犯行現場を目撃した2人以上の証人の証言が必要だ、という規則がある」と説明。この規則は、聖書の申命記19章15節に記されている、「いかなる犯罪であれ、およそ人の犯す罪について、1人の証人によって立証されることはない。2人ないし3人の証人の証言によって、その事は立証されねばならない」に基づいたものなのだが、密室で行われることが多い幼児性虐待に目撃者がいることは稀であり、そのため、エホバの証人は、「幼児性虐待の温床」「幼児性愛者のパラダイス」だとも言われているのだ。

 エリザベスだが、誰も彼女を救ってくれなかったことに絶望し、長老に訴えてから8ヵ月後にエホバの証人を脱退したとのこと。現在は、ウェストバージニア州に住んでいるとのことだが、彼女の両親ら家族は今なおエホバの証人を信仰し、会衆に通っているという。ABCテレビの取材に応じたエリザベスは、「私が16歳の誕生日を迎えた日に、加害者のスコットは自殺した」と明かし、「彼の行為を許すつもりはさらさらないけれど、自分なりにあの出来事を理解し、心の平穏は取り戻している」と語ったものの、「私の人生は、虐待されたことで大きく変わってしまった」「規則を盾にして、性的虐待を受けている子どもたちを守らない、エホバの証人は許せない」と憤りを露にした。



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする