やっとのことで32ブロックに到着。ところが、ブロック内に数百ものお墓があり、いったい目的地はどこ……? と絶望的な気持ちになりました。意を決して端からしらみつぶしに確認。やっと見つけた松田優作のお墓は、一番奥にありました。

yusaku06.jpg
墓碑には力強く「無」とだけ記されています
yusaku008.jpg
「無」!!
yusaku07.jpg
墓石の横には、美由紀夫人の名前が

 遺作となったハリウッド映画『ブラック・レイン』撮影中、すでに優作は膀胱がんに侵されていたといい、その俳優魂に合掌。ふと足元を見てみると、あて先シールがはがれている、映画『舟を編む』の試写会ハガキが落ちています。もしかして、松田龍平がお父さんに見に来てほしくて置いていったのかも。きっと優作は、息子・龍平の晴れ姿を見てくれているに違いありません。

yusaku08.jpg
なんてステキな!!

 ハガキを見てとても敬虔な気持ちになったのでファンとしては叫びたいところですが、「なんじゃこりゃ~~!!」はあえて控えました。

 霊園入口に戻るために早歩きで坂を下っていたところ、運よく循環バスに拾ってもらって、福生駅行きの最終送迎バスに間に合いました。西多摩霊園は、徒歩の人があまりおらず、お墓のそばまで自家用車で来ている人が多いようです。松田優作のお墓参りをするなら時間に余裕を持つこと。園内が広すぎるので、循環バスを利用しましょう。福生駅からは水曜日を除く平日は1時間に1本、無料送迎バスが出ていますよ。
(編集部)



【検索ワード】  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • スポット
  • > 松田優作のお墓に行ってきた! 霊園が広すぎて「なんじゃこりゃ~!!」