――歴史上の人物から現代人まで著名人が眠るお墓を訪ね歩くハカマイラーが、線香片手に、今日も誰かのお墓へ参る! 

 松田優作といえば、野性味あふれる演技と個性的なキャラクターで、現在でも多くのファンを持つ俳優。世界的にビックになろうと思う野望を抱く筆者。優作のお墓をお参りして、ビックな息吹を感じてみることにしました。

 優作は、俳優、松田龍平・翔太兄弟の父。テレビドラマ『探偵物語』(日本テレビ系)、『家族ゲーム』(テレビ朝日系)、映画『蘇る金狼』などで記憶に残る名演技を残し、亡くなってからも人々に語り継がれています。そしてなんといって松田優作といえば、やっぱり『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)のジーパン刑事。思わず霊前で「なんじゃこりゃ~~!!」とみんな叫んでいるのでしょうか。そんな期待を胸に、東京都あきるの市にある築地本願寺西多摩霊園に向かいます。

yusaku001.jpg
福生駅西口に無料の送迎バスがあります

 無料送迎バスに乗ると15分ほどで西多摩霊園に到着。
 

yusaku01.jpg
西多摩霊園入口です

 総面積50万平方メートル、区画数は3万にもおよぶ広すぎる霊園内の地図を見ると、園内に停留所が20個ぐらいあります。園内循環バスは30分に1本とか。目当てのお墓は32ブロックと聞いていたのですが、限りなく山のほうです……。

yusaku003.jpg
松田優作の墓がある32ブロックは山のほう。少なくとも1km以上はありそう

 バスの時間を待っていられないので、覚悟を決めて歩き出しました。長い中央階段を登るのが最短距離のようです。合計109段の階段を登りきると、見晴らしがとてもよく、妙な達成感があります。しかし、西多摩霊園は予想以上に広すぎた!

yusaku04.jpg
階段、長っ!!
yusaku0003.jpg
中央階段を登りきったところから、霊園入り口方向を望む

 霊園を1/4ほど来たところで停留所を見つけ、循環バスに乗ることができました。

yusaku004.jpg
園内のバス停留所



【検索ワード】  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • スポット
  • > 松田優作のお墓に行ってきた! 霊園が広すぎて「なんじゃこりゃ~!!」