9月半ばごろから、英国ロンドンから100km北のノーサンプトンで、町に謎のピエロが出没しているとして騒動となっている。

 初めて目撃されたのは、今月13日の金曜日。目撃者が撮影した写真には、顔は白塗り、赤いウィッグをつけ、バルーンを持って撮影者を威嚇するような表情をした不気味なピエロがはっきりと映っている。

 この「ノーサンプトン・ピエロ」の騒動はtwitterを中心に広まり、現在は警察から注意勧告も発令されている。

 目撃者が撮影し、twitterに投稿した写真→

Twitter---jogo78-.jpg
画像は、Twitterより

 調査した警察によると、今のところ、ピエロの正体は2人の高校生の可能性があり、住民によると、2人は日ごろから奇妙な格好をしているところを目撃されていたという。「このピエロはジャグリングをするわけでも、風船をひねって芸をしているわけでもなく、ただじっと人を見つめているだけなんです」警察はそう語っている。

 またほかに報告されたケースとしては、女性の家で窓修理屋を名乗る者がドアを叩いたため、女性が窓の外を見ると、ピエロが窓の外からじっと見つめていた、といった事例が報告されている。

 町の住民の中には、単なる悪ふざけとして捉えている者もいるが、一部の人々は不安と恐怖から、自警団を組織して捕まえることも計画しているという。

目撃者が撮影し、twitterに投稿した写真 その2

Twitte.png
画像は、Twitterより

 本来、ピエロは人々を楽しませるのが仕事である。しかしその独特の化粧や所作は、人々に本能的に恐怖を与えるともいわれ、今日では「道化恐怖症」という言葉も存在する。

次ページに伝説のピエロ画像が…



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする