torisetu-tenbin.jpg
考えても考えてもなかなか答えがでないのが天秤座

 いまや、自分の星座は当然のことながら、気になるあの人、友達、同僚の星座も知っている人は多いはず。でも、その星座がどんな性格なのかは、あまり知られていません。イメージだけで「乙女チックな乙女座」とか「蠍座の女は怖い」なんて思っていませんか? そんなあなたに、知っておくと役に立つ「12星座の取り扱い説明書」を紹介します。

★「天秤座」の取り扱い説明書★

天秤座といえば……

・八方美人
 天秤座の支配星は「金星」。美の星、金星を守護に持つ天秤座を一言でいえば、「八方美人」。あっちにもこっちにもいい顔をして、特に有力者へのおべっかとお愛想の笑顔は天下一品! 夢はパトロンを見つけて贅沢三昧な生活をおくることです。

・怠けるためなら、なんでもする!
 天秤座の三区分は「活動宮」ですが、生来怠惰なため無駄な活動はしません。ただし怠けるためなら、いくらでも積極的に行動できるのは活動宮ならでは。掃除当番をサボるために、誰か他の人に掃除させるための苦労はいとわないのです。

・誰とでも合わせられる理由は……
 天秤座のエレメント(四要素)は「風」。風は言葉をあらわし、天秤座は、人を楽しませる会話上手。団塊世代の上司とも、アイドルオタクの同僚とも、中学生の姪っ子とも楽しく会話できるのは、実は中身が空っぽで、これが自分という確たるものがないから。

・巨大化するヒップ
 天秤座は「腰、お尻」と対応する星座。異性を見るときに一番重要なのは全体のバランス、そして次は、ぷりっとした魅力的なヒップかどうかで判断します。天秤座自身は、年齢とともに、ヒップが巨大化していく傾向があります。

・平等主義者
 天秤座のキーワードは「I weigh(私は計る)」。天秤座にとってもっとも重要なのは、キチンと計ってバランスを保つこと。だから、あれとこれ、どちらも選べないのです。

天秤座の基本性格

 基本、ぐーたら。でも贅沢好き。楽しいことは大好きなので飲み会や集まりにはいつもいて、会計前にさっといなくなります。最大のウイークポイントは優柔不断であること。何かを選ぶ、ということが根本的にできないのです。メニュー選びから恋人選び、引っ越しや転職など人生の重大ごとの際にも、自分で選んで決定したのではなく、人に誘われたか、いやおうなしにそうなってしまった、かどちらかしかありません。

 天秤座の基本性格を抑えたら、続いて、取扱い方を見ていきましょう。



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 占い
  • 占いコラム
  • > 【12星座取扱い説明書】天秤座は基本ぐーたら!何かを決めさせるのは時間の無駄