serapi06.jpg
贅肉がつく理由は……

 ダイエットといえば、通常「食事管理と運動」をイメージしますが、ルームセラピーの観点から見ると、部屋の中にはさまざまなダイエットの落とし穴があります。 なぜなら、部屋はあなたの心をあらわす鏡。心と身体がつながっているように、心と部屋は密接につながっているのです。「思うようにダイエットが続かない」「つい食べ過ぎてしまう」など、理想の体形への縁を遠ざけてしまっている原因は、あなたの部屋にあり!! あなたの望む姿と現状の間違い探しをして、望む未来に部屋を合わせていきましょう!

<ルームセラピー的・痩せない部屋とは?>
自然と笑顔になるような写真がない部屋

 

なぜ「自然と笑顔になるような写真がない部屋」はダイエットに向いていないのか?

 笑顔で買い物に行くのと、怒った顔で買い物に行くのとでは、買い物の量に差が出てしまうもの。ストレスがたまった状態で買い物に行くと、つい必要以上に食料を買って食べてしまいます。反対に笑顔を浮かべていると、否定的なことや暗いことは考えにくい。 なぜなら、人間の表情筋と脳神経は密接な関係にあり、ストレスに影響しているからです。

 否定的な感情が表情にあらわれると、脳の働きが悪くなりストレスがたまるので、不安定な気持ちを消化するために、食欲をコントロールできにくくなります。脳のパフォーマンスも下がってしまい、仕事の効率も悪くなり、考え方も否定的になって、またストレスがたまるという悪循環になります。

 さらに、顔には表情を形成するための筋肉がたくさん存在しています。その内の80%前後の筋肉はほとんど使われていない状態なのです。この筋肉を使わないと顔が大きくなってしまいます。

なぜ「自然と笑顔になる写真がある部屋」はダイエットに向いているのか?

 「笑顔」がいいというのはわかったものの、ストレスがたまっている時に無理矢理笑顔を作る行為は、かなり努力がいるものです。そこで、洗面所や玄関の鏡の横に、自然と「にこっ」と笑顔になるものを洗面所に置くのがオススメ。特に、 大好きな人やアイドル、ペットなどは効果的です。

 幸せだから笑顔になるのではなく、笑顔になると幸せな気持ちになることが科学的に証明されています。嫌な気分でいる人と幸せな気持ちでいる人と、どちらが自分の身体を大切にできるかといえば後者です。毎朝出かける時や帰ってきた時など、鏡を見るたびに笑顔になることで身体にいいことをしよう、自分を大切にしようという気持ちが生まれ、買う物や食べる物にも変化があらわれます。

具体的にはどうすればいいのか?

 「にこっ」と笑顔になる写真を写真立てに入れて、洗面所や玄関、冷蔵庫の扉などにかけてみましょう。写真立ても、写真の引き立つステキなものにするといいでしょう。

 基本的なことは、いちばん美しい顔は美人顔ではなく、笑顔。いくら美人でも怒っていては美しいとは言えません。笑顔になることで美しい自分の姿を見れば、セルフイメージも上がり、人からも好かれるという好循環になり、ストレスが軽減されていきます。根本的に太る原因というのは「ストレス」です。ここを改善することを心がけると、無理なくダイエットが可能になります。さらに、顔面筋肉を使うことで小顔効果を期待することができます。世間では「笑顔で健康に」などとよく聞きますが、笑顔でダイエットを成功に導きましょう。

■山田ヒロミ
ルームセラピスト。自分では気づかない無意識から新しい人生を引き出し、幸せを感じ、知らぬ間に成功する空間に模様替えをする方法を提案。起業家から主婦、ビジネスマンなどに指導し、人生と空間の質を向上させる。“心と人生と空間、3つの質を一致させて向上させる技術“を、ビジネスから恋愛、家庭環境まで、心が豊かで安定した社会の実現を目指している。著書『お金を呼び込む部屋作り(PHP研究所)』、『思い通りの人生に変わる「ルームセラピー」』(海竜社)」。



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする