abeshinzo.jpg
画像は、安倍晋三公式サイトより

 こんにちは、陰謀社会学研究科家の聖橋乱丸である。

さて、オリンピックの招致でもう1つ話題になっていることがある。安倍首相のスピーチ、そして質疑応答の中で「福島第一原発はコントロール下にある」と発言したことだ。

日本におけるマスコミ各社と、反原発派は、すぐにその言葉尻だけをとらえて安倍首相を「うそつき」と言っている。

ワイドショー的なニュース番組を筆頭に、一部のマスコミは3.11以降、こぞって「反原発」を報道の中心に添えた。そして、いつの間にか異常気象が起きても、「温暖化」について報道することはなくなり、火力発電と化石燃料の燃焼を推進してきた。

ここで原子力発電の是非に関して議論する気は毛頭ない。しかし、安倍首相の「コントロール」という発言に対して一斉に反応したのは、そういった報道を繰り返すマスコミだ。
同時に、東京電力はこの安倍首相の発言に対し、抗議文を出したという話も伝わってきている。真意はわからないが、東京電力は、自分たちで原発を制御できなかったにもかかわらず、その責任を棚に上げて、安倍首相に抗議文を出すとは恐れ入ったものである。

さて、この内容に関しても、国際オリンピック委員会(IOC)総会の開催地・ブエノスアイレスに行った友人たちから、その裏話が入ってきている。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • オカルト
  • > 安倍首相「コントロール」発言の舞台裏 知ってて報道しない歪なマスコミ