トルコの北東に位置する旧ソ連のグルジアにて、ウォッカを使って息子の遺体を自宅でミイラ化している親子がいるとして、話題となっている。

 地元メディアが伝えたところによると、今から18年前、当時22歳だったジョニ・バカラゼさんは、まだ2歳に満たない子供を残して死亡。悲しみに暮れたジョニさんの父親は、残されたまだ幼い子供が父親の顔を見ることができるようにと、ジョニさんを埋葬する代わりに、ミイラとして自宅に保管する事を決めた。

 以降、母親のツィウリ・クワラツケリャさんが主に世話をする形で、以後18年に渡って、自宅でミイラ化を進めている。母親によれば、最初の息子の死後四年間はミイラ化する手段として古典的なバルサムと呼ばれる精油を用いて、遺体を処理していたという。しかしあるとき、夢のお告げを受けて以来、ウォッカを用いて遺体を処理する方法に切り替えた。

「アルコールを布に浸してそれを身体につけておくのよ。これをしないで一晩寝かすと、身体がまるで炭のように黒く変色してしまうの。」

「孫(死んだ息子の子供)も私たちがしたことが正しかったと認めてくれているわ。彼は”父親の事を好きになった”と言ってくれているの。」

 地元メディアが撮影した映像には、顔にこそモザイクがかかっているが、はっきりと棺桶に収められた息子の遺体が映されている。母親は撮影の数日前に身体を壊し、数日間十分に世話が出来なかったことで、息子の顔が見栄え良く写らなかった事を取材側に詫びたという。

「息子はハンサムで、とてもいい人間で、いい夫でだったの。今のような姿じゃなくてね。」

 母親は毎年一度、誕生日には洋服も着せ替えているという。
(木林純一)

動画は、You Tubeより



【検索ワード】  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする