snseremento.jpg
どうすりゃいいの……

 Facebook、Twitter、mixi、LINEなど、ネットの中に溢れ盛んになっているソーシャル・ネットワーク・サービス(以下、SNS)。いまや、ただの情報収集にとどまらず、友達やフォロワーとの会話や日記、コメントのやりとりを楽しむコミュニケーションツールの一つとして生活の中に溶け込んでいます。

 しかし、近年SNSでの自分の立場を気にするあまり、SNSに疲れを感じる人が多くなってきており、SNS疲れがきっかけで人間関係のトラブルに陥ったり、うつ病を引き起こしてしまうとも言われています。あなたは、SNSでしんどさや疲れを感じることはありませんか? 今回は、星座のエレメント別に、なりやすいSNS疲れと、その対処法をご紹介します。

コメント返しがないとストレスに……牡羊座、獅子座、射手座

 火のエレメントに属している牡羊座、獅子座、射手座は気持ちを溜め込まず、どんな表現の形であれ、自分を外へと出していく傾向があります。そのため、SNSの中ではコメント返しやいいね!返しに躍起になってしまったり、気になったつぶやきのリプライに熱くなってしまいます。また、ワンマンになりやすく、周りはともかく自分の発言を常に気にかけてもらいたいと思っているところも。SNSにコメントがつかない状態やLINEの既読のスルーにイラついて、ストレスフルに。文体だけでなく、スタンプや絵文字・顔文字のみのコメントも多いために、SNSトラブルの引き金を起こしやすいのも、このエレメントの特徴といえます。自分のコメントやメッセージの返しにあまり期待しないで、SNSは人との社交を楽しむものとして捉えましょう。

コメントやいいね!を深読みし考え込んでしまう……蟹座、蠍座、魚

 水のエレメントに属している蟹座、蠍座、魚座は、人の気持ちに敏感で、いちいち周りを気にしてしまし、なかなか本音を出そうとはしません。狭く深い人間関係を築くため、仲のいい友達が自分のコメントにいいね!やリプをせず、ほかの人にいいね!やリプを付けているところを見て嫉妬心がわくだけでなく、そこから隠された感情を深読みし、悶々と考え込んでしまいます。考えがストップしてしまい、タイムラインの速さについていけないところも。どんなものに浸透していく水のように、ネットの中に現実の自分を浸透させてしまうので、ネットと現実の境目がはっきりしないのです。

コメントやいいね!の数を気にしすぎる……牡牛座、乙女座、山羊座

 地のエレメントに属している牡牛座、乙女座、山羊座は、どの環境に置いても立場や世間体を気にしてしまうところがあるようです。フォロワー数、友達の数、いいね!の数=「自分がいかに周りに気にかけてもらえているか」をステータスだと思い込み、ログインしてはその数値を気にしているのではないでしょうか。他人からの刺のある発言や傷ついてしまうようなコメントにはあまり気持ちが揺らぐことはない反面、自分の見せ方を気にする地の星座は、ポジティブ発言を心がけるあまり現実の自分とSNSの自分を分離させてしまう傾向があります。SNSを使う目的や友達・フォロワーとの関わり方を考えて、プライベートとSNS世界を切り分けましょう。

四六時中、つながってないと不安……双子座、天秤座、水瓶座

 風のエレメントに属している双子座、天秤座、水瓶座は、誰かと繋がったり、誰かと誰かを繋ぐのが得意。さらに、情報を仕入れては自分のものにしてしまうインプット能力に長けているので、歩くネットワークと言っても過言ではありません。そんな風の星座は、情報には常に敏感になっていたい、その情報を誰かに生かしたいという気持ちが強いため、四六時中パソコンや携帯の画面から離れず、タイムラインをチェックしてしまうでしょう。タイムラインの流れや友達の言葉にも敏感で、少しでもついていけないとイライラしてしまいます。情報を取り込むことに神経を削いでしまい、疲れをおこしてしまうのです。「プチSNS断食」をして、情報が錯綜しているネット世界から身を切り離しましょう。

  SNSをうまく活用すれば、円滑なコミュニケーションを行うことができます。たくさんの情報や悪徳アプリに惑わされず、SNSのあり方や使い方を見直して、とうまく付き合っていきましょう。

咲羅紅

咲羅紅

占い師。占術はタロット等。介護職員、美容部員の職歴があり、カウンセリングを得意とする。自然を愛するナチュラリストでもある。


【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 占い
  • 人間関係
  • > コメント返し、いいね!の深読み……あなたが引き起こしやすいSNS疲れは?