ise0212.jpg
風宮

 「風宮(かぜのみや)」に到着です。風宮は、「級長津彦命(しなつひこのみこと)」と「級長戸辺命(しなとべのみこと)」の2柱をご祭神として祀っています。風雨を司る神様ですが、この神様が鎌倉時代の元寇の時に神風を吹かせて元軍を撃退して日本を救った、という言い伝えがあります。元々は「風の社」という末社だったのですが、その功績により別宮に昇格したのだとか。農業など天候に左右されるお仕事に従事している方は、ぜひ頼りにしたい神様です。

 さて、ここまで見て「なんだかどの別宮も作りが一緒じゃない?」と言いたくなった読者もいるのではないでしょうか。実は筆者もそう思いました。主に違うのは看板だけです。しかし実はこれらのお社、「唯一神明造(ゆいいつしんめいつくり)」と呼ばれる伊勢神宮独自の様式なのです。屋根のところの細かい違いで、外宮系のお社なのか内宮系のお社なのかが分かると言われています。つまりそれ以外はほぼ一緒、ということなのでしょうね。

 さて、外宮巡りもまもなく終わりです。最後は出口へ向かう裏参道の最後にある「御厩(みうまや)」で、神馬にご挨拶です。皇族から献納されたという美しい白馬に会えるはず。ワクワク。

ise0213.jpg
からっぽ……

 お馬さまはいませんでした。ショックです……。昼過ぎまで降り続いていた大雨のせいでどこか奥に移動しているのでしょうか。 だがしかし、神馬は内宮にもいらっしゃいます。さらに内宮には「神様の使い」と言われている鶏もいます。

 午後から伊勢入りした筆者は、本日のご参拝はこれで終了なので、すべては明日の内宮参拝に期待をかけることにして、後ろ髪を引かれつつ外宮を後にしました。

 次回は、ついに天照大御神にお目通りします! 引き続き、オススメの参拝順序などの各種情報もお伝えしていきますので、お楽しみに!

永沢蜜羽

永沢蜜羽(ながさわ・みつは)

小説家・ライター。児童小説から18禁まで幅広く執筆。カラーセラピスト、心理カウンセラー、占星術研究家としても活動中。ネコと天然石と不思議グッズが大好き。定期的に『願いがかなう新月イベント』を東京都内で開催中。詳細はオフィシャルサイトより。
オフィシャルサイト

【遷宮直前!雨にも負けない伊勢神宮レポート】
・第1回/10月2日・5日は伊勢神宮・遷御の儀! 伊勢神宮・式年遷宮をおさらいしよう
・第2回/遷宮まっただ中の伊勢神宮に行ってきた!鳥居はピカピカだけどクレーン車が……
・第3回/雨にも負けず伊勢参拝! 遷宮前は、ところどころ工事中でちょっとおもしろい!!
・第4回/伊勢神宮周辺オススメスポット!お清めと恋愛成就がかなう『二見興玉神社』はぜひ訪れて



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする