CHINATUWAKA.jpg
画像は、若槻千夏オフィシャルブログより


 8月12日、タレントの若槻千夏が、自身が専属デザイナーとして活躍していたブランド「w・c」から退任していたことを発表した。

 自身のブログでは、「昨年の末まで専属デザイナーを勤め、今年からアドバイザーとして関わってきましたが、7月31日をもってw・cを退任いたしました」と報告している。

「w・c」のデザイナーとして時間を割いてきた彼女だけに、現在何故突然の決別となってしまったのかについて様々な憶測が飛び交っている。

 このブランドそのものは今後も存続していくとのことだが、若槻との関係は一切なかったことになってしまうのだとか。本人は話し合いの結果だとしているが、細かい経緯は語られていない。

 ネット上では様々な反応が見られる。

「若槻さんのブランドだから買ってたのに、いなくなるんじゃもう買わない」というリピーターの声や、「退任なのか解雇なのか」と状況を飲み込めずに混乱している人のコメントも。



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • コラム
  • > テレビ露出が減った若槻千夏に価値はなかった?! 創業ブランドを去った裏事情