kyasarain.jpg
Kate Style: Chic and Classic Look』(Plexus Pub)

■ロイヤルベビー誕生に湧くイギリス王室

 7月22日、ウィリアム王子(31)の妻キャサリン妃(31)の間に、第一子となる男児が誕生。イギリスの未来の王となるベビーの名は「ジョージ」と決まり、ロイヤルベビーブームに湧いている。おめでたいニュースに世界中から祝福が送られたイギリス王室。

 だが、イギリス王室にはエイリアンの血が混じっているというどす黒い陰謀説がささやかれていることはご存知だろうか? 実は、エリザベス女王を含むイギリス王室は、レプティリアン(爬虫類人)の伏魔殿だというのだ!

■レプティリアン(爬虫類人)とは?

 レプティリアン(爬虫類人)とは、エイリアンの一種とされている。レプティリアンの一部は、UFOに乗って古代の地球に飛来した。当時、知能の低い猿人でしかなかった地球人に自らのDNA掛け合わせ、遺伝子操作をして現在の人類を作り上げたという。

 だが、レプティリアン以外の地球外生命体が起源の地球人も数多くいる。ジャーナリストのデイビッド・アイク氏によれば、彼等は政府の要人や有名人になりすまし、または秘密結社を結成して、世界を支配する権力層の多くに紛れ込んでいるというの代表的なレプティリアンは、ブッシュ親子、オバマ、ヒラリー夫妻、ビル・ゲイツ、世界を牛耳る財閥の一族、そして、安倍首相を始めとする日本の要人もレプティリアンの疑いがかけられているという。

 レプティリアンは地球より千年以上も発達した高度な科学文明を持っているので、アメリカなどの大国は彼らから秘密裏に技術提供を受けている。レプティリアンは各政府と密約を交わし、この世界を意のままに操っているとも言われている。

 そう、レプティリアンは人類を影から支配しているのだ! そして、イギリス王室は、レプティリアンの血が最も濃いといわれている。

  生前、イギリス王室のダイアナ妃は、「彼等(イギリス王室)は、人間ではない。トカゲだ! 爬虫類だ!」と言っていたという。彼女はもしかするとレプティリアンの姿を見たことがあったのだろうか?

 レプティリアンの目的は一体何なのだろうか? 彼等はやがて、地球を占領し、人類を家畜化して食料として捕獲しようと企んでいるのではないかとも言われている。

 嘘か真か信じ難い話である。今のところ、その全貌は謎に包まれている。

■カナダの先住民大量虐殺に英国王室が……

 今年の2月25日、ブリュッセルにある国際慣習法裁判所から、ある大物人物に対しての逮捕状が交付された。

「カナダの先住民であるモホーク族の寄宿舎において、推定5万人以上の子どもたちに対して虐殺を行ったというもの」

 その罪に対して、懲役25年仮釈放なしの有罪判決が、ローマ教皇ベネディクト16世、英国エリザベス女王そしてカナダ首相など30人に対して下された。

 モホーク族とは、カナダにイギリス人やフランス人が移住してくるはるか昔から住んでいたネイティブ・カナディアン。カナダ政府とヴァチカン、イギリス王室は、モホーク族の子どもたちにキリスト教の教育施すために、全寮制の教会学校を作ったのだ。しかし、その真の目的はモホーク族を根絶するためだった。それを証拠に、殺された子どもたちの大
量の骨が寄宿舎周辺から見つかった。この組織的殺害は、1960年代から行われ1970年まで続いていたという。

 モホーク族の子どもが7歳になれば、この寄宿学校に強制的に入れられた。教育とは名ばかりで、中ではおぞましい行為が繰り広げられていた。子どもたちを天然痘にわざと感染させ、ワクチン開発のための人体実験を行う。食事を満足に与えない。精神的、肉体的に苦痛を伴う拷問。性的虐待。そして、実際に子どもたちを殺害していたのだ。その殺し方が残忍で、子どもたちは機会で手足を引きちぎられていたという。実際に、体を引き裂く器具も発見されている。

 しかし、レプティリアンのトップと囁かれているイギリス王室とヴァチカン。寄宿学校の設立は、ジェノサイド(大量虐殺)だけが目的ではなかったかもしれない。なぜなら、レプティリアンの性質は、一般的に戦闘的で残忍、そして肉食であるからだ。

 彼らは人間を生きたまま食べることを好むという。特に、子どもの柔らかい肉が大好物なのだ。彼らは、純真無垢な子どもたちの生血をすすり、血の滴る生肉や湯気が立つほど新鮮な臓物を毎晩、喰らっていたのではなかろうか?

 ただ、有罪判決を出した国際慣習法裁判所の法的拘束力が弱く、国際慣習法を破った国家を現実に罰する機関も存在しない。そのため、今のところ誰一人として逮捕されたというニュースは流れていない。

 だが、ただでさえカトリック聖職者の性的スキャンダルに悩まされているヴァチカン。これ以上醜聞の火に油を注ぐのを阻止するためにも、ベネディクト16世は事をうやむやにするために今年の2月に突然の退位を決めたのではなかろうか?

 エリザベス女王のElizabethという名前は、El-lizard-birth(トカゲの誕生)が由来と言われている。そして、レプティリアンは時々、人間に化けていても爬虫類特有の目に変化するという。縦に長い虹彩、となり、非常に冷酷な目になるのだ。注意深く見れば、レプティリアン・アイが見えてくるのだという。

 チャールズ皇太子とダイアナ妃が離婚した理由は、チャールズのカミラとの浮気とされてだが、ダイアナ妃は、離婚後に謎の事故死をした。彼女はイギリス王室の重大な秘密を漏らさぬようレプティリアンに暗殺されたとのではないかという陰謀論が囁かれている。ダイアナ妃はエリザベス女王とチャールズ皇太子が人間から爬虫類人の姿となり、人間を貪
り食うところを見ていたのではなかろうか?

 先日、生まれたばかりのロイヤルベビーが、レプティリアン・アイをしていないことを祈るばかりだ。

■白神 じゅりこ
オカルト作家・コラムニスト・ジャーナリスト。ジャンルを問わず幅広く執筆。世の中の不思議を独自の視点で探求し続けている。
・ブログ「じゅりこ極楽への花道」 



【検索ワード】  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • オカルト
  • UFO・宇宙人
  • > ロイヤルベビーは人間ではなかった! イギリス王室が抱えるとんでもない秘密と残虐史とは?