oushizatorisetu.jpg
ある日突然、ブチっとキレるのが牡牛座の特徴

 いまや、自分の星座は当然のことながら、気になるあの人、友達、同僚の星座も知っている人は多いはず。でも、その星座がどんな性格なのかは、あまり知られていません。イメージだけで「乙女チックな乙女座」とか「蠍座の女は怖い」なんて思っていませんか? そんなあなたに、知っておくと役に立つ「12星座の取り扱い説明書」を紹介します。

★「牡牛座」の取り扱い説明書★

牡牛座といえば……

・そのひとくちがデブの元
 牡牛座の支配星は「金星」。美の星、金星は、美食の星でもあり、牡牛座は12星座一の美食舌の持ち主! 食の追求は三つ星レストランからB級グルメ、スナック菓子まで幅広く、必然的に、体重は常にオーバー気味。

・快感追求はハンパない!
 牡牛座の三区分は「不動宮」のため、忍耐力はピカイチ。叩かれても、罵られても怒らないのは、単に「ニブい」からではなく、怒りをためてためて、限界マックスまでためてか爆発するほうが、快感が大きいから。

・500円玉が好き
 牡牛座のエレメント(四要素)は「地」。現実的な地のグループの中でも、牡牛座は特にケチで、締まり屋。「お金ないんだよね」と言いつつ、実はがっつり貯めていたりします。一番好きなのは、重量感ある500円玉貯金。

・オカマじゃないのよ
 牡牛座は「首、のど」と対応する星座。普段はおとなしく控えめな話し方をしますが、いざとなると、野太いデカイ声が出て、本人も周りもびっくり。引っ込み思案を克服すれば、本来の美声を生かした職業にも!

・欲しがり
 牡牛座のキーワードは「I have(私は所有する)」。とにかく欲しがりさん&手に入れたらどんなモノも手放したくない! ブランドの紙袋やお菓子の缶も捨てられません。

牡牛座の基本性格

 牡牛座は、“超”がつくほど頑固。自分なりのやり方を絶対に曲げないので、牡牛座へのアドバイスや助言は、まったく無駄です。自分の所有物への執着も強く、職場の共用冷蔵庫では、自分のプリンに名前を描いておくタイプでしょう。あるいは個人用冷蔵庫を持ちこむかもしれません。美食家であり、快楽追求者の牡牛座は「食べて寝る生活」を最大の理想としていますが、その理想を実現するためには、どんな努力も忍耐も惜しまないのです。

これさえ押さえればOK! 牡牛座取扱い3つのポイント

(1)急かしちゃダメ!
 何ごともスローペースな牡牛座を急かしてはいけません。待っていれば、丁寧ないい仕事をしてくれます。急かしても、その場で怒ったり反論したりはしませんが、限界を越えたとき(数週間後か、はたまた数年後か)に、大爆発します。

(2)ちょっと貸してはタブー!
 牡牛座にとって、所有物はすべて自分の血と肉と同様、身体の一部! たかが文房具1つでも、「貸して」と言えば外面のいい牡牛座は断り切れず、けれど内心では身体が引きちぎられるような痛みを感じているのです。

(3)感謝は言葉ではなくモノで
 「ありがとう」ってそれ、おいしいの? が牡牛座の本音。感謝は言葉ではなく、モノやお金で表現しないと伝わりません。もちろん、おいしい食事やスイーツも大歓迎。誰に何を言われたかは忘れても、誰に何をもらったかはしっかりカウントしているのです。

 牡牛座の基本性格を抑えたら、続いて、SOSのサインを見ていきましょう。



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 占い
  • 占いコラム
  • > 【12星座取扱い説明書】牡牛座を急かすのはNG!怒りがたまって一気に大爆発する!!