suiseizyoshi.jpg
「なんで返信がこんのじゃー!!!」

――占星術において重要な意味を担う10天体。それぞれの天体が持つ特徴は、地球に住む私たち女性の恋愛傾向を映しているかのよう。貴女の恋模様は、どの天体とマッチするでしょうか?

第4回「水星女子」

 先週末、3週間以上続いた水星逆行がようやく終わりましたね。水星は1年にだいたい3回ほど逆行する時期があります。逆行といっても、水星が本当にバックするわけではなく、あくまでも「地球から見ると、後退しているように見える」ということ。山手線と京浜東北線のように並行して走っている電車って、たとえば山手線に乗っていると、並行して走っている京浜東北線が後退しているように見えることがありますよね。あれの、スケールがデカい版と考えてください。

 「で、水星が逆行していたから何?」と思うかもしれませんが、水星逆行中は兎にも角にもメールのエラーが起きやすいんです。筆者も、送ったつもりの原稿が編集部に届いておらず、数日後に催促の連絡をいただき再送したのですが、またもや「届いていません」と言われ、水星逆行の影響力を痛感しました。

 なぜ水星逆行中はメールのエラーが起きやすいのか? その答えは、水星を司る神様・ヘルメスが握っています。ヘルメスは伝達の神様です。かの有名な大神ゼウスが愛人たちとのやりとりをするのにパシリにしていたのがヘルメスでした。現代人にとって伝達=メールですよね。そのため、水星逆行中はメールエラーが起きやすいのです。次回の水星逆行は10月21日~11月10日です。この期間、大事なメールを送る際はご注意くださいませ……という話はさておき! 

彼氏からのメールに一喜一憂する「水星女子」

 水星逆行云々に関わらず、恋愛においてメール依存度が高い女性って少なくないですよね。彼氏や意中の男性に送ったメールに対して、返事が2~3時間ないだけでも取り乱し、「この恋はもう終焉を迎えるのか!」と、いちいち絶望のどん底に落ちる! 相手からの文面にハートマークがないからといって、「カレは私のことを愛していないのだわ!」と勝手にヘコむ!! LINEにおいても然り。なかなか既読にならないからといって「自然消滅を目論んでいるに違いない!」と決めつける!!! 

 上記のような、メール依存度が極端に強い女性を、ここでは「水星女子」と呼ばせていただきます。なお、水星は双子座と乙女座の支配星ですが、双子座女性および乙女座女性=水星女子という意味ではありません。双子座女性および乙女座女性にも、メールに依存せず、しっかりとした恋愛スタンスを持っている人はたくさんいます。水星女子は、12星座の支配星云々ではなく、ナニ座だろうと、恋愛においてメール依存傾向が強い女性を指す言葉です。

男性にとってメールは「単なる伝達手段」と心得よ!

 メールは、確かに現代人にとって重要なコミュニケーションツールです。携帯電話がこれだけ浸透した今の時代、メールなくして恋愛はできないといっても過言ではないでしょう。しかし、間違えてはいけないのが、メールがすべてではないということ。

 女性は、メールを愛情表現のためのツールと認識している人が多いですが、対してほとんどの男性は「メールは単なる伝達手段」と捉えています。そのため、「おはよ、今日も1日頑張ろうね」「お疲れ、ゆっくり休んでね」などのやりとりに、女性ほど情熱を傾けられないのです。

水星を司る神からの教訓「真実の愛、はき違えていませんか?」

 水星担当の神・ヘルメスを語るうえで外せないのが「黄金の靴事件」。神様界で1、2を争うほどの美女・アフロディーテとセックスするために、ヘルメスは伝達のお役目で鍛えたフットワークの軽さを活かし、彼女が愛用していた黄金の靴を盗みます。そして、「靴を欲しかったらヤラせろ、ぐへへ」と、強引にセックスを迫ったのです。大事な黄金の靴返してほしさに、アフロディーテは渋々股を開きましたが、これって真実の愛ではないですよね。

 水星女子の皆さんも、真実の愛をはき違えていませんか? メールの返信が少々遅くても、文中にハートマークがなくても、LINEがなかなか既読にならなくても、彼氏はちゃんとあなたを愛しているのですよ。にもかかわらず、いちいち取り乱すのは、彼氏の愛情を疑っていることになります。疑いすぎると、そのうち彼氏の心は離れていきますよ。

水星女子のリハビリ法「ウケ狙いのメールを送ってメールの返信を待て!」

 ここまで読んで、「もしかして私、水星女子かも」と思った皆さん! メール依存体質を改善する前に、まずはもうちょいおもろいメールを打つことから始めましょう。彼氏からなかなかメールが返ってこないのは、ぶっちゃけ、あなたのメールが大して面白くないから、という理由もあります。抱腹絶倒してしまうような愉快メールなら、彼氏も光の速さで返信するでしょう。

 「暑いね、ふぅー」よりも「暑いから毎日ノーパンで出勤しているお」のほうが、すぐに返事が来るでしょう。女友達と食べに行った行列のできるパンケーキ屋のバナナパンケーキの画像を送るよりも、膣圧でバナナが切れるようになった証拠画像のほうが、間違いなくウケるハズです。もっと工夫しましょう。

菊池美佳子

菊池美佳子(きくち・みかこ)

1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳で処女のままキャバ嬢デビュー。その後、数々のナイトワークとオトコのカラダを渡り歩き、西洋占星術・タロットをたしなむヤリマンライターへ転身。
菊池美香子ブログ菊池美香子Twitter

【天体女子バックナンバー】
第1回/メンヘラスイッチON! ピストン運動の最中泣き出す「月女子」
第2回/合コン中、テーブル下でターゲット男性のアソコを握る「火星女子」
第3回/気づいたら経験人数4ケタ超え!? オトコを取っ替え引っ替えする「天王星女子」



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • コラム
  • > 返信が遅いと取り乱し、絶望のどん底に落ちる、メール依存度高めの「水星女子」