smap02.jpg
SMAP兄さんにならえ!

 テレビ、ネット、雑誌、ラジオ……今や、毎日メディアを席巻しているのがSMAP、嵐をはじめとするジャニーズ事務所。ブームという枠ではなく、小さい女の子から大人の女性まで幅広い世代の支持を受けて、1つのトレンドであるといってもいいでしょう。

 もちろん、ジャニーズ事務所に入ることができたら、すぐにトップタレントになれるわけではありません。ジャニーズ事務所の場合、育成機関を兼ねたジャニーズJr.が存在していて、そこから選抜されたメンバーがグループやソロでメジャーデビューを果たすわけです。もちろん、Jr.で辞めていってしまう人も少なくありませんし、それはほかの事務所でも同じことでしょう。

 数多くのジャニーズJr.から選抜され、事務所社長のお墨付きを得てメジャーデビュー、それはジャニーズ事務所では成功を約束されたようにも思えます。しかし、そうしたグループすべてがSMAPや嵐、かつてのたのきんトリオ、少年隊、シブがき隊のように世間を席巻してるわけではありません。華々しくデビューを飾りながら、いつの前にか消えていったグループ、あるいはタレント個人も少なくないのです。
 
 実は、そこには数秘術にまつわる「数字」にまつわる不思議な法則が存在していました。

■SMAP、嵐が売れたのは「5人組」だから

 今、ジャニーズで最も成功しているグループといえばSMAP、そして嵐、TOKIOが挙げられるでしょう。この3組に共通していることは「5人組」であるということ。この「5」という数字は、数秘術では特に男性に関しては重要な意味を持っています。

 数秘術における「5」とは“チャレンジャー”“冒険者”の数字で、時には無謀さも含んでいます。普段の社会生活では和を乱すとも捉えられるのですが、浮き沈みの激しい芸能界では、この数字は“他人との勝負に勝ち、目立とうとする者の数字”です。また、コミュニケーションの数字でもあり、タレント向けの数字なのです。

 さらにカバラにおいて「5」とは“発展”“好奇心”を意味しています。常に現状に満足することなく、新しい方向に踏み出す、そういう意味を持っているのです。すでに勝ち得ている人気、地位に甘んじることなく、常に上を目指す、まさに「5」はタレントとして成功に近い数字なのです。今後を期待されるHey!Say!JUMPは、グループを5人ずつに分けて活動していますし、Sexy-Zone、A.B.C-Zも5人で活動しています。

 ほとんど同じ意味の数字に「3」があります。数秘術で「3」は男女問わず成功に近いとされる数字で成長、“才能”“創造性”を意味しています。「5」と「3」の違いは、“カリスマ性”にあるといっていいでしょう。かつての国民的アイドルだった、たのきんトリオやシブがき隊、少年隊は、親しみやすさというよりも圧倒的なカリスマ性で当時の女性たちの人気をさらっていきました。彼らが活躍していた時代は、目新しいことをやって目立つよりも、その場にいるだけで目立つ、光り輝くタレント性のある人に人気が集まったのです。今でも、NYCが3人ですが、今後の活躍は、彼らのカリスマ性にかかっていると言えます。



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 流行・ニュース
  • > SMAP、嵐に共通するジャニーズ成功の法則!「5人組グループは成功する」