takarakuziday.jpg
億万長者になるチャンスを逃すな!!

 おまちかね、「サマージャンボ宝くじ」のシーズンがやってきました! 宝くじ公式サイトによると、今年は1等3億円が26本、前後賞1億円が52本。つまり、1等前後賞合わせて5億円、億万長者が最大で78人誕生する可能性があるようです! また、「サマーバケーション賞」という特別賞10万円が2万6,000本も用意されているのも特徴だそう。

 さて、宝くじをはじめ、賭け事や投資をする際に、日取りが気になるという人は意外と多いものですよね。有名な吉日は「大安」ですが、じつは日本の暦には大安以上に縁起のいい吉日がいくつもあるのです。サマージャンボの発売期間7月10日(水)~8月2日(金)に合わせて、購入に狙い目の日をご紹介しましょう。

<宝くじ購入の狙い日>

7月14日、26日……金運にツキがある「巳の日」!

 「巳の日」とは、十二支の巳(み)にあたる日のこと。古来より蛇は金運を招き、商売繁盛を助ける神とされ、神社仏閣に祀られ崇拝されてきました。また、財宝賦与の女神である弁財天の使いともされています。境内のわき水でお金を洗うと倍になるという『銭洗弁財天 宇賀神社(神奈川県鎌倉市)』は有名です。サマージャンボ期間中の巳の日は、7月14日(日)と26日(金)の2日間。今年は巳年ということもあり、巳のパワーを享受しやすくなっています。なお、宝くじを購入する際は、蛇や弁財天を祀る神社のお参りや、巳と縁の深い水、特に日本の天然水を飲むようにするといいでしょう。

7月11日、23日……賭けごとに最強の「寅の日」!

 十二支の寅(とら)にあたる日のこと。虎は、その黄金色に輝く姿が風水的に金運と関係があるとされてきました。また、「虎は千里行って千里戻る」といわれるように、ダイナミックな行動力と帰省本能があることから、大きくお金を使っても必ず戻ってくるとされ、特にギャンブルに縁起がいい日となっています。サマージャンボ期間中の寅の日は、7月11日(木)と23日(火)の2日間。23日は満月と重なるため、寅パワーもアップ! 宝くじ購入の際は、24金やイエロートパーズ、タイガーアイなどを身につけて行くと富を引き寄せる力が強くなりそうです。

7月15日、18日、27日、30日……1つの種が万の成果を生む「一粒万倍日」

 一粒の種が万倍にも実る日という意味の「一粒万倍日(いちりゅまんばいび)」。この日に行動を起こすと大きな成果が期待できるとされ、特に、仕事はじめ、開店、種まき、お金を出すことに吉とされています。ただし、借金や人から物を借りたりすると、苦労の種が増える方向に向かうので凶です。サマージャンボ期間中の一粒万倍日は、7月15日(月・祝)、18日(木)、27日(土)、30日(火)の4日間。中でも27日は後述する「天赦日」と重なるため大吉デー。1枚のくじが、億に化けるかもしれません! 「卵かけごはん」や「オムライス」など、ごはんと卵をセットで食べると金運をさらに後押ししてくれそう。

7月27日……すべてが吉になる「天赦日」!

 1年の中で最上の部類に入る大吉日「天赦日(てんしゃび)」。天が赦すという字のごとく、この日は神々が天に昇り、地上の万物の罪を許し養う日であるとされています。そのため、すべてにおいて吉で、特に婚礼には最適。サマージャンボ期間中の天赦日は、7月27日(土)の1日。もともと天赦日は1年に5、6日しかない貴重な日で、今回は一粒万倍日とも重なっています。吉運を呼び込みたいなら、この日に注目してみるといいでしょう。宝くじ購入の際は、おろしたての下着を身に着けて。天然素材でできた、白、黄色系であればベストです。

 宝くじ購入に適した日があれば、適していない日もあります。続いて、宝くじ購入を避けたい日をチェックしましょう。



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 風水・開運
  • > サマージャンボ宝くじは7月27日に買え!億万長者になれる金運最強日一覧