mikiando.jpg
『ワールド・フィギュアスケート 48』(新書館)

 「愛娘の父の名前は私の考えで明かさない……」と表明したフィギュアスケーター・安藤美姫(25歳)。フィギュアスケート元世界女王の突然の出産報道に加え、未婚での出産、さらに子どもの父親についてもまったく触れなかったため、日本中に激震が走った。

 子どもの父親は、元コーチで恋人関係にあったニコライ・モロゾフ氏(37歳)、または安藤美姫と同棲中と報じられたプロスケーターの南里康晴(27歳)ではないかと言われていた。しかし、第三の男の可能性まで出てきて、いろいろと憶測が飛んでいる。

  通常、妊娠とは男女の性交により、精子と卵子が結合、そして、受精卵が子宮内膜に着床したときに成立する。だが、過去には人智を超えた不可思議な力により妊娠したという話が残っている。

 今回の安藤美姫の出産に関しては、いろいろと謎が多い。ここで妊娠にまつわる不思議な話について取り上げてみよう……。

■聖人の不思議な誕生

 聖母マリアが処女懐胎により神の子イエス・キリストを身ごもったという話は有名。キリストは聖霊によってマリアの胎内に宿ったのだ。それゆえに、マリアは男性と交わることなく処女のまま妊娠したという。聖徳太子の母、穴穂部間人皇女は救世観音が口から胎内に入り、身ごもったとの伝説がある。釈迦の母、后マーヤ(摩耶)は、神聖なる白い象が右のわき腹から入る夢を見て釈迦を懐妊したという。聖人とされる人物は、神秘的な存在により妊娠したとされることが多い。



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • オカルト
  • > 安藤美姫娘の父親は神か宇宙人だった! ロシア隕石との関係も!?