すっかり暑さも厳しくなってきて、夏の到来を予感させる日が多くなりました。こう暑くなってくると、水に関わるパワースポットに自然に足が向いてしまいます。そんな水に関わるパワースポットで人気がある場所として全国的にも有名なのは、奈良県天川村にある「天河神社」です。

 天河神社はサスペンスの人気シリーズの舞台にもなり、映画やドラマでも何度も登場している神社です。

 では、どうして、この天川村がパワースポットとして注目されているかというと、水と星がとても綺麗な場所だから。そして、この天川村にある「天河神社」は日本三大弁才天の1つとされています。

■天川村はUFOが出没する!

 実は、この天川村はUFOの目撃情報がとても多いことで有名で、立地的にもパワースポットである熊野・吉野・高野を三角形で結んだ中に位置する不思議な場所にあるのです。それはもう強烈なパワーが期待でき、UFOまで来てしまうのも理解できるような……。

 そして、この天河神社には「七夕伝説が残る場所」とされ、毎年、旧暦7月7日にあたる8月に行われるのが「七夕大祭」です。

■中国がルーツだった、七夕伝説!!

 そもそも七夕伝説について、ちょっと調べてみました。

 七夕伝説とは、織姫と彦星という夫婦が、結婚した後にラブラブすぎて仕事をサボってしまい、神様が怒って、2人を天の川を挟んで別れ別れに住まわせることにしたのですが、あまりに織姫が悲しむので、年に1度の7月7日だけは川に橋を私会えるようになったという中国がルーツのお話です。

 中国では「天河配」というタイトルの演劇が七夕に上演され、その主人公が織女と牽牛(ひこぼし)です。

 それが、奈良時代に日本に伝わり、日本各地で七夕祭りや伝説が残るようになったのです。

■天河神社に行くと…

tenkawa4.jpg

 中国版の物語のタイトルにも「天河」の文字があることからも、天河神社と七夕伝説との縁の深さに期待してしまいますが、境内には七夕に関する神様が祀られているわけではないようです。祀られている御祭神は「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)」で、弁財天さまとされる神様です。そのほかに、熊野と吉野の神様が祀られています。

 また、天河神社には能にも縁が深く、天岩屋戸に天照大御神が閉じこもられた際に、「天宇受売命(あめのうずめのみこと)」が舞を舞われ岩戸から天照大御神を出したという伝説がありますが、天宇受売命は芸能の神様としても信仰され、市杵島姫命も水の神様=水商売の神様として芸事に御利益をもたらすと言われています。

 能が天河神社と深く関わっているのも、芸能の守り本尊であったと認識されてきたからでしょう。

 それにしても、中国の演劇「天河配」が日本に伝わり、日本を代表すると言ってもいいほど、芸能人の信仰も深い「天河神社」で、七夕伝説が語り継がれるって、少しロマンを感じませんか?

 ちなみに、この神社の鈴は「五十鈴」といって、天宇受売命が天照大御神を岩戸から出すために舞った際に使用されたものと同様とされています。この鈴が本当に不思議な形をしていて、三つの球体が繋がっている形をしているのです。そして、本殿につけられている五十鈴は、二つの五十鈴を重ねて結び付けられています。

tenkawa3.jpg

 その鈴を見た時に、ちょっと思ったのですが、この形って……UFOに似ていませんか? そう感じてしまうと、いろんな事が頭の中で広がって、たとえば、七夕伝説に出てくる「天の川」は、やはりあの銀河系に浮かぶ星でできた「天の川」のことで、織姫と彦星は1年に1度、UFO乗って会いにきていて、そのUFOの光の残像が川の上に綺麗な橋を作るんじゃないかとか。

 そういえば、ご祭神の市杵島姫命は、古事記の中で天照大御神と弟の素戔男尊が誓約をたてた時に生まれた女神さま。この織姫と彦星も、機織りの織女と牛飼いの牽牛の話ですが、「日本書紀」では機織部屋で仕事をする記述がある天照大御神と、素戔男尊が祇園で「牛頭天王(ごずてんのう)」として祀られていることから、この2人を描いているものとは考えられないでしょうか? 実際に、天照大御神は祀られていますし、同じ場所に素戔男尊に縁の深い「龍神大神」が祀られています。

 もし、織姫と彦星が宇宙人だったら、神様と同じだと言われても納得してしまいそうです。さらに、天宇受売命が天岩戸で天照大御神を光のある世界に引き出した時に使ったとされた鈴がもしUFOで、本殿につけられている2つの鈴を使って、年に一度、高天原(天)と地上を行ったり来たりできる場所であったのなら……。

 この場所が、天上の「天の川」と繋がっていたら……なんて、その場所にいるだけで、いろいろ妄想が膨らんでしまい、勝手に七夕伝説を楽しんでしまいました。それくらい、不思議な空間だったのです。

 ちなみに、天河神社は「芸能の神様」でもあり、「財宝の大神」としてのご神徳があるとされるのも人気の秘密です。スピリチュアル好きに注目されている天河神社に行くには、七夕が近くなる今から夏にかけてがオススメです! この機会に訪れてみてはいかがですか?
(文=西脇聖/AN FACTORY)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする