arukikata.jpg
自分じゃ意外と気づかない歩き方の癖

 いよいよ夏本番! 恋が大いに盛り上がる季節です。街中で、イベントで、そして旅先で、ステキな出会いが待ち受けているかもしれません。そこで今回は、出会ったその場で相手の性格を見抜く方法をご紹介しましょう。

 それは、「歩き方」。しゃべり方や座り方には気をつけていても、歩き方にまではなかなか気が回らないもの。つまり、歩き方をチェックすれば、相手の性格、ひいては恋愛傾向まで読み取ることができるのです。

せかせか歩く人……協調性にかけ、恋愛では自分勝手を発揮

 同行者の歩調を気にせず、せかせかと足早に歩く人は身勝手なタイプ。文字通り、足並みを揃えない人であり、協調性に欠ける面があるでしょう。ただ、目標を遂行する能力が高いため、職場では有能な人であることも。恋愛では相手の気持ちを無視して、自分の要求ばかり通す傾向が強まります。この人と付き合うと、いろいろな場面で置いていかれることが多くなり、自尊心を傷つけられる可能性があるようです。

だらだら歩く人……優しさがアダとなって、恋愛では優柔不断になりがち

 足を引きずるようにだらだらと歩く人は、無気力なタイプ。主体性に乏しく、自分で物ごとを判断することが苦手です。そのため、成り行き任せの人生になりやすく、職場では出世コースから外れがち。強く否を言えない性格を利用されて、厄介ごとを押しつけられることも多いでしょう。恋愛では受け身に回って、相手の思考や感情に合わせようとする傾向が。優しい反面、リーダーシップや男気は期待できないでしょう。

リズミカルに歩く人……好きな相手を振り向かせようとがんばるタイプ

 テンポよくリズミカルに歩く人はポジティブ。心身ともに若々しい感覚に満ちていて、仕事でも遊びでも前向きにどんどん進めていきます。明るくハイテンションな性格で、失敗してもピンチをチャンスに変えて乗り越えていくでしょう。恋愛では追いかけるのが好きで、相手を振り向かせようとあの手この手を使うタイプ。とはいえ、根がシンプルなせいか複雑なことはしないよう。少々デリカシーに欠ける面があります。

堂々と歩く人……自信満々で、恋愛では主導権を握りたいタイプ

 肩で風を切るようにして堂々と歩く人は気位が高く尊大。自分に自信があり、周囲に自分の優秀さを知らしめたい気持ちを常に持っています。尊敬を集める人物でありたいと願い、そのための努力もするので、社会的地位は高めのよう。頼りがいのある人ですが、柔軟性に欠けるため、敵も多い予感。恋愛では主導権を握って、自分のやり方を通そうとするタイプ。物品や金銭で愛情を示そうとするところがありそうです。

ちょこまか歩く人……相手の裏を読んだり、焦ったりで自爆しがち恋愛に

 身体に対して歩幅が狭い人は、気が小さくて内向的。自分に自信がなく、物ごとをネガティブに考える傾向がありそう。そのため、常に不安に苛まれていて、ああでもないこうでもないと自問自答を繰り返しがち。悠然とかまえることができなくて、短気な対応をとってしまうことから、社会的な成功とは縁遠い気配も。恋愛では、相手の裏を読みすぎて行動を起こせなくなるか、せっかちに先を急ぎすぎて自爆するパターンが多そうです。

 なお、スマホをいじりながら、音楽を聴きながらなど、「ながら歩き」をするのは、子どもっぽいタイプ。好奇心旺盛で面白い人ですが、気まぐれで自分の世界に浸るのが好きなので、付き合うと寂しい思いをするかもしれません。一緒に歩んでいける人を望むなら、ながら歩きをしない人のほうがよさそうです。
(亜麻リリス)



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする