mikiando.jpg
『ワールド・フィギュアスケート 48』(新書館)

 日本中に衝撃が走ったフィギュアスケーター安藤美姫の出産報道。「デキちゃいました」ではなく、「もう母になりました」との仰天告白は、股がユルいとのウワサに反比例する鉄壁のガードを見せた。

「赤ちゃんとさよならするのは嫌だった」と目を潤ませる安藤をテレビで見ながら、悔しさを噛み締めた記者も多いはず。まあ、選手を管理するはずの日本スケート連盟も知らなかったというのだから致し方ない。

 さて、ネット上では、実力がありながらも、どこか精神的に頼りない彼女のことを“メンヘラ”気味だとする声も多く、これまでの試合での様子や恋愛報道から、“依存体質”なのでは? ともウワサされており、セックス依存症の疑いまで浮上している。

「ロシア人である、モロゾフコーチが安藤美姫と師弟関係を持っていた頃のことです。試合についてのインタビューをしようと取材スタッフがホテルに行くと、安藤の部屋からものすごいあえぎ声が聞こえてくるという話を聞きました。その声というのが、もはや野獣としかいえない、激しいあえぎ声。それがフロア中に響き渡っているというのです。取材班は何時間もその声を聞きながら、外で待たなければならないはめになったそうですが、スケート界ではこのことは有名だそうです。そして、いざインタビューをはじめようとすると、いかにも“ヤッた後です”といった風貌で現れるので“インタビューし辛い”と評判でした」(業界関係者)

■安藤美姫の父親は!?

 今回の出産報道で、父親候補として多くの人がまず思い浮かべたのは、かつて師弟関係を結んでいたニコライ・モロゾフ氏であろう。テレビ朝日系「報道ステーション」のインタビュー内で、モロゾフ氏と恋愛関係にあったのではとの質問に対し、「いい関係でした」と明言をさけた安藤。

 当のモロゾフ氏はフジテレビ系情報番組「ノンストップ」の電話取材に応じ、安藤の出産を知らなかったとし、自身が父親かとの問いにも「違う」と完全否定をした。

 そんな元師匠かつ恋人だったといわれるモロゾフ氏にはあるウワサがついてまわる。

「フィギュア界でモロゾフコーチは“呪術師”なのでは? というウワサがあります。安藤選手が競技をしている間は、リンクの外でブツブツと何かをつぶやいているのですが、彼女がいい成績をおさめられるよう呪文を唱えているそうなんです。また、ライバル選手たちの持ち物や落ちている髪の毛に呪術をかけ、成績が振るわぬようにしているともいわれています。実際キム・ヨナ選手のコーチだったオーサー氏は『自分の持ち物から絶対に目を離すな』と厳しく指導していたと、一部でウワサされていました」(フィギュア関係者)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • オカルト
  • > 安藤美姫に「セックス依存症」疑惑が浮上! ホテル中に響くアノ声とは!?