hayabusa.jpg
パシンペロンオフィシャルブログより

 オーラや守護霊鑑定、性感帯の霊視まで行えるといい、もはやスピリチュアル芸人としての地位を確立しつつある、はやぶさゆか。テレビ番組上では評判もよく、見てもらいたいという芸能人も後を絶たないという。数々の番組にひっぱりだこの彼女だが、それは本物の実力ゆえなのだろうか? それとも、ほかにあまり表沙汰にできない理由があるのだろうか?

 まずは、はやぶさの霊感力からみてみよう。

 6月14日に発売された「小説b-Boy」(リブレ出版)掲載の実録コミックによると、「小さい頃から透けてる人がいるなあと思ってました」と言うほど霊体験は自然なもので、「早朝などは生きてる人もうすく見えるので(霊と)見分けがつかなかった」とも語る。
 
 それが人間ではないと気づいても、「そもそも知らない人だから隣歩いてたってなんとも思わない」ぐらいの感覚だったという。

 さらに、殺人事件現場を通りがかった際には、被害者の最期が見えてしまった、というゾッとするような話も披露している。

 こういった具体的なエピソードが信憑性を裏付けているためか、一部では“いま芸能界のなかで一番霊感がある”と言われることもあると自称していたはやぶさ。

 だが、ネット上では早くも“スピリチュアルはもうおなかいっぱい”“またこいつか うさんくさいんだよな”など、数々のバッシングも見られるようになった。そのきっかけは、皮肉にも彼女の知名度を全国にした『笑っていいとも!』(フジテレビ系)(以下、『いいとも!』)の連続出演によるものだった。

■ブレイクは“鈴木おさむのゴリ押し”説も

 はやぶさが『いいとも!』に初出演を果たしたのが5月上旬。それから1カ月強が経過した現在までに、すでに6回もの出演を果たしている。まだ無名の芸人が、突然準レギュラー扱いで出演することはめったにない。

 これには、同番組の構成作家・鈴木おさむ氏との関連性を疑う声もある。

 業界に詳しい事情通に話を聞いた。

「鈴木おさむ氏が占いに傾倒していることは有名です。ブログには、はやぶささんと同じ事務所である、ホリプロの島田秀平さんなど『いいとも!』でおなじみのスピリチュアル芸人も度々見られます。これに所属事務所が目をつけないわけはありません。島田秀平さんの勢いが落ち着き、“第二の島田”を作りたい所属事務所と、占いに傾倒する鈴木おさむ氏。そんな両者がタッグを組み、はやぶささんを『いいとも!』に猛プッシュしたのではないかとウワサされています。しかし、それは必ずしも悪いことではないようで……。そのおかげか、実は一時は低迷していた『いいとも!』の視聴率が、また以前の調子を取り戻しているんです」

 これは、はやぶさをはじめとする出演占い師たちの力添えのたまものなのだろうか?
 
 しかし、占い業界からはこんな指摘もあった。

「事務所に所属している霊能者は事前にシナリオをもらい、読んでいるだけのケースが実際にあります。それに従えば霊感があるように見せることは可能です。一方で、私たちのような事務所に所属していない一般の霊能者はシナリオももらいません。彼女の所属は大手芸能プロダクションのホリプロですから、はやぶささんも作られた“スピリチュアル芸”である可能性はありえますね」(占い業界関係者)

 江原啓之、細木数子、木村藤子。最初は“本物の霊能者”と持ち上げられた人々も、数年後にはバッシングとともにテレビから姿を消していった。

 出演占い師たちの実力が本物なら、このまま番組もいい方向に導いてくれるはず。再び低迷してしまった場合は……それが彼女たちの実力が本物かどうかを見極める、いい目安になるのではないだろうか。

 はやぶさも同じ道をたどるのか、それとも新たな道を切り開いていくのか。今後に注目していきたいところだ。
(マンダリンあみこ)






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • オカルト
  • > 『笑っていいとも!』のゴリ押し!? 霊感芸人「パシンペロンはやぶさゆか」は本物か?