去る6月23日20時32分、満月が地球に最も接近するスーパームーンが観測されました。晴れていれば日本中のどこからでも美しい満月を見ることができるとあって、Twitter上では早朝から「スーパームーンを見たい!」というツイートが秒単位でアップされていき、人々の関心度の高さがうかがえました。

 スーパームーンとは、月が最も地球に近づいたタイミングで満月、もしくは新月になる天体現象。14カ月に1度起きる貴重な現象とあって、今回のスーパームーンにときめいた方の中に、吉本芸人であり俳優でもある板尾創路さんもいらっしゃいました。

 午前中に、「今夜はスーパームーンです。ゾワゾワします…」というツイートと共にオリジナルと思われるスーパームーン画像をアップ。なんとなくゾワゾワの意味がわかるような……そんな不思議なイメージ画像でした。夕方から東京は雨が降ってきてしまいがっかりしているツイートが多数アップされる中、「東京の人はスーパームーン見えなくて残念でしたね…見たかった…」と板尾さんもツイート。続いて「一部の地域では見れたみたいですね。羨ましい…疲れてたから月光浴びたかったな…」という東京在住者代表のような残念ツイートには、脚本家の大宮エリ―さんが「(月光)浴びたかったですね。今日は雨を浴びただけだった。」と、さらに残念感がにじむ返信をされていたのが印象的でした。

 あいにく、この日は天候が悪く、20時を過ぎると、Twitter上では「雨で見えない!」と落胆する人に対する「スーパームーンおすそわけ画像」が、新潟や青森、沖縄などから続々とアップされ始めました。

 その中でもすごい勢いで4万5,000回もリツイートされた画像にハートのかたちのスーパームーンがありました。

supamunhato.jpg
画像はこちらから

 天候に恵まれた地域を車で移動中に、雲がかかったスーパームーンのかたちが一瞬ハートになった瞬間をとらえたもののようです。

 また、フェイスブック上では、ディズニーランドとスーパームーンの最強タッグの画像が今年も大人気。東京ディズニーリゾートのFacebookページには、スーパームーンと東京ディズニーシーのファンタズミック!の花火が一緒に写った写真が投稿され、5万以上のいいね!を集めたようです。

supamuntokyo.jpg
東京ディズニーリゾートfacebookより

 今年の国内スーパームーン写真は大きくて美しい満月の画像よりも、空高くきれいに光ってるような、遠くにスーパームーンをとらえた画像が多かったように思います。

 また、飛行機の窓から撮影された画像も話題になりました。複数のパイロットの方が着陸時に、スーパームーンについて的確な解説を乗客にしてくれたようです。雨雲の上空できれいに光るスーパームーンを見たら、撮影せずにはいられないかもしれません。 

supamunsora.jpg
画像はこちらから

 最後に、大きなスーパームーンの画像を見たいという人に、米国版「ハフィントンポスト」で人気の神殿とスーパームーンの画像を。

supamunshinden.jpg
ほかの画像・動画はこちらから

 ここまで大きいスーパームーンだと、かなり神秘的な画像ですよね。ちなみに次回のスーパームーンは2014年8月11日。35万6,896キロメートルまで満月が地球に接近します。ちょうど夏休みの時期なので、今からスーパームーンを体験したい海外旅行先を見つけ始めるのもいいかもしれないですね。
(まりこ)



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • スピリチュアル
  • > 【画像アリ】神秘的なスーパームーン!ハート型、神殿とのコラボ、世界の美しい月画像