syokujin.jpg

 次から次へと驚愕のニュースが流れる中国産の食品問題。

 2004年には、頭髪などの人毛から作られた「人毛醤油」が、日本および外国へ輸出されていることが発覚し大問題となった。

 また、2011年は、人間の胎児や死んだ赤ん坊などから作られた粉末入り「人肉カプセル」が「最高の滋養強壮剤」として韓国に密売されていたという事件が起きた。

 人間を使った食品まで出回るとは、まさにタブーなき恐るべき国である!

 ……と、日本人なら叫んでしまいそうだが、中国では古代から「人肉食い」の話は多く、中国のさまざまな史書に記録されている。

■中国「人肉食い」4000年の歴史とは?

◆妻の肉を食材にした漁師

 有名なエピソードとして、『三国志』の英雄、劉備玄徳が猟師の家に身を寄せた時。もてなしをする食べ物がなかったため、猟師が自身の妻を殺害。「狼の肉」として劉備に差し出した。翌朝、劉備は厨房で肉を削がれた猟師の妻の死体を発見。自分が昨晩食べたのは「猟師の妻の肉」であったことに気がついたのだった。だが、「もてなす食材がなかったため妻を差し出した」という猟師の行為に、劉備はひどく感激したという。何とこの食人の話は美談として語られている。

■処刑者の人肉を漢方の妙薬として喜んで食す

 世界に数ある処刑方法の中で、中国のバリエーションは世界一と言われている。どれだけじわじわと苦痛を引き伸ばし、恐怖を最大限に味合わせるか……その方法は徹底している。

◆「人肉しゃぶしゃぶ」

「凌遅の刑(りょうちのけい)」は、生きたまま少しずつ細かく切り刻み、肉をそぎ落とすという最も苦痛に満ちた処刑方法で、清朝末期まで行われていた。処刑者は裸で市中を引き回されたうえ、柱に後ろ手にくくりつけられ、左右の股とすねに釘が打ち込まれる。処刑は3日~10日に渡って行われたという。肉をそぐ回数は120回~3000回。処刑後はバラバラに解体され、販売された。漢方の妙薬とされていた新鮮な人肉を民衆はこぞって買い漁り、食べたといわれている。

「凌遅の刑」に関連する話がある。唐の時代。反乱軍のリーダー董彰(とうしょう)は、鎮圧軍のリーダー姚洪(ようこう)を監禁。降服しない姚洪の肉を生きながら薄くそぎ落とし、その場で「人間しゃぶしゃぶ」にして食べたという記録が残っている。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • オカルト
  • > 人肉しゃぶしゃぶ、唐揚げ、3千回肉そぎの刑…中国4千年の食人史とは?