negatexibu.jpg
「だから私はダメなんだよね……」

 外出後、しばらく経ってから「もしかしたら……」と何か忘れてないか気になってしまう時はないでしょうか? 記憶を巻き戻し、思い出そうとしても、玄関の鍵、エアコンや電気の消し忘れなど、習慣化したことは思い出しにくく、よけいに頭を抱えてしまうものです。特に、梅雨らしくなってきたこの頃は、雨に気をとられ、傘は持ってきたけれども部屋の明かりはつけっぱなしだったなど、ついうっかりが多い時期です。今回は、そんな日常のワンカットに触れた質問です。

 用事があり、あなたは出かけました。しばらくすると、忘れてないか気になることありました。それはなんでしょう。
【あなたのネガティブ度】を診断
 自分がしたことを気にする行為は、後ろ向きな姿勢を象徴しています。無意識に選んだ設問は、最悪のシナリオを想定できるものほど否定的な要素が強くなり、「ネガティブ度」が増します。
A:戸締り
→ネガティブ度70% 
 玄関や窓のカギを閉め忘れた時、まず恐れるのは、空き巣被害です。現金や高価な物は当然、持ち出されてしまうでしょう。通帳やキャッシュカード、暗証番号が書いてあるメモが自宅に保管してあれば、今後の生活費すべてがなくなる可能性も否定できません。そんな状態を彷彿とさせる「戸締り」を選んだあなたは、かなりネガティブ度が高めです。ただし、他人に甚大な被害を与えている状況ではないので、そのネガティブ度は、日常の生活が送れないほどではないでしょう。意外と危険回避に役立っているかもしれません。
B:エアコン・照明の消し忘れ
→ネガティブ度40%
 自宅にいる時でも消し忘れがちなエアコンや照明。外出時に気づくと、部屋に誰もいない分、余計にもったいないと感じて悔しくなるものです。昨今、注目されているエコ思想を実践している人なら、痛恨の一撃でしょう。でも、はっきり言ってそれだけです。直接、人に迷惑かけてないし、自分が電気代で少し損する程度ですんでいます。事件や事故につながるような想像ではないので、ネガティブ度は低め。嫌なことがあっても、少し経ったら「仕方ないか」と、たいていのことは水に流すことができるタイプです。
C:ガスの元栓・洗濯機の給水栓の閉め忘れ
→ネガティブ度90%
 元栓や給水栓の閉め忘れは、地震によって漏れた時、引火したり、下階をびしょ濡れにしたりなど、周囲を巻き込む大参事を引き起こす確率が高い不注意です。選択肢の中では唯一、自分1人の被害だけではすみません。このような最悪の事態を招く恐れのある「閉め忘れ」をあえて選んだあなたは、超ネガティブ。いつも心のどこかで自分は何かひどいことをしているのではと、思って生きている可能性があります。時々、人の目が自分を責めているように感じることもあるのでは。被害妄想にならないよう、気をつけたほうがいいでしょう。
D:筆記具・書類など出向いた先でいるもの
→ネガティブ度10%
 外出先でいるものは、これからのことを考えた時、はじめて思い出すものです。日頃から未来を見据えた行動をしている人ほど気になるでしょう。これを選んだあなたは、無駄に過去を振り返らない前向きなタイプです。ネガティブ度はほとんどないといってもいいでしょう。逆にポジティブ度のほうが高いくらいです。ただし、以前の失敗を忘れ、楽観的に物事をとらえてしまいがちなので、ここぞという時に慌てる場合も。日頃から不測の事態が起きた時の備えは、万全にしておいたほうが無難です。

 ネガティブな思考は、行きすぎると生活に支障をきたしますが、危機管理の面では、非常に有効です。なくそうとせず、バランスをもってうまく付き合っていくことが大事でしょう。

葵翠花

葵翠花(キミカ)

鑑定歴11年。前職は美術教員。相談者の悩みに応じて、タロットや西洋占星術、気学など、あらゆる占術を使って多角的な視点でアドバイスをする。得意とするのは「気になる相手の気持ちや対応策をみること」。第2・4日曜日に浦和パルコ5F占いコーナーにて対面鑑定を行っている。
占い師葵翠花Website


【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする