obamaenzetu.jpg
画像は、『生声CD付き [対訳] オバマ演説集』(朝日出版社)

■ホワイトハウス周辺の宇宙事情

 去る3月4日、AIPAC(アメリカ・イスラエル公共問題委員会)で、オバマ大統領がスピーチを行った際、警護を担当していたSPの1人が、人間に扮した爬虫類型宇宙人だったのではないかと、ネット上で話題になった。

 ホワイトハウスはこの件に関して、「現在の緊縮財政のもとでは、宇宙人をボディガードに使うのはコストがかかりすぎる」とユーモア交じりに否定的なコメントを発表。

 2011年以来、オバマ大統領はアメリカの宇宙開発政策を大方針転換し、有人月探査を全面中止にし、より堅実な技術開発路線へと転向していることもあり、ボディガード宇宙人説はさほど盛り上がりを見せぬまま落ち着いた。

obamasp.jpg
画像は、You Tubeより。ウワサのボディガード

■宇宙開発の裏にある米中のサイバー戦争

 そして6月11日、中国において、国内2人目となる女性宇宙飛行士をのせた有人宇宙船「神舟10号」の打ち上げに成功したと、アメリカのCNNは伝えた。

「神舟10号」は、2011年9月から軌道を回っている無人宇宙実験室「天宮1号」とドッキングし、物資を届ける計画だ。宇宙開発が進むのは喜ばしいことだが、宇宙の平和利用をアピールする裏側に、米中の深刻化するサイバー戦争が見え隠れするのは自明のこと。2014年宇宙へ旅立つ、我らが兄貴、岩城滉一の能天気さも、両国には見習ってもらいたいものである。

 一方、アメリカのオバマ大統領は、予算を削減しながらも、2025年までに小惑星への有人探査を実施し、2030年代には火星へ人類を運ぶことを目標に掲げている。

 密接に絡み合う、宇宙開発とサイバー戦争であるが、現在米中間において、「バレてもいい」と強硬姿勢を見せる中国が一歩リードしているように見える。

 ……が、しかし、実は一手も二手もアメリカは先を行っていたのだ。アメリカは半世紀も前からとんでもない計画を水面下で着実に進めている。皆さんは「ペガサス計画(project pegasus)」という、アメリカCIA(中央情報局)とDARPA(国防高等研究計画局)による極秘プロジェクトをご存知だろうか? 



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • オカルト
  • UFO・宇宙人
  • > オバマ大統領の火星植民地化計画!! 「瞬間移動で火星に行っている」米国政府職員の証言