――本当に当たる占い師はどこに……? 恋と仕事と人生のはざまでさまよう独身アラフォー女・カシハラが、導きを与えてくれる占い師を求めて、さまざまな占いを渡り歩きます。(過去記事はこちらから

 前回、占い師というより、「ただの人生相談おばちゃん」に鑑定をしてもらったカシハラです。もはや、占いを巡りすぎて、道に迷いこんだ気がする今日この頃。恋だ仕事だ出会いだと悩むよりも、占い師の間でふらふらしているカシハラに、導きの手を差し伸べてくれる占い師はいないものでしょうか……。

 今回カシハラが訪れようとしているのは、ハンコ屋『山本印店』。知り合いに教えてもらった情報では、“見える”らしく、芸能人から政治家まで、成功者はみんな『山本印店』に一度は行ったという、なんだかすごい店なんです。

 さっそく予約を取ろうと電話をするも、人気がありすぎて、受付電話は激戦! 知り合いの話によれば「必要ない人には電話はつながらない」らしく、7分が過ぎ、これは縁がないのか……と、あきらめムードいっぱいになった頃、やっとつながりました! これは何か重要なメッセージをいただけるのかもしれません。

 お店は、池尻大橋から徒歩10分ほど。店構えは、怪しげというよりは、とてもきちんとした雰囲気です。

inkan01.jpg
街の文房具屋さんにも見える

 店内は机が2個、椅子が3個あるだけの小さな空間なので、ほかのお客さんとも超接近。深刻な話を延々としている女性(推定50歳)が終わるのを待って、席に座ったカシハラに、店主の山本桃仙さんは笑いかけます。長髪の白髪のせいか、文豪か画家のような佇まいです。そして開口一番、

「自分がいい女だと気づいてない。いい女を無理に太らしちゃったからねぇ」

いきなりそれですか! 

「仕事は何? ライター? ライター作って売っているの? 最近のライターは重くて、カチッとなかなかいわなくなったよね」

 はあ、ダジャレですか……。

 ここでは、使っている印鑑を見るだけで、その人に必要な言葉がもらえるのだとか。もちろん、カシハラも自分の印鑑をいくつか持参しています。それらを桃仙さんに渡すと、

「このイラストつきハンコはダメだね。作ってもいいけど、実際に使っちゃいけない。ハンコじゃないものを使っているってことは、今やっていることは現実にならない、無駄だっていうこと。去年の10月末から利益につながらない、ごちゃごちゃしたことばかりやらされているね」

 桃仙さんに言われたように、現在のカシハラの状況は小さい仕事が増えすぎて、ごちゃごちゃになってきているのでした。でも、もうこれ、すっかりメインの印鑑として使っちゃってますよ!

inkan02.jpg
ダメ出しされた、イラスト印鑑。可愛いと思うんですけど~ダメ?

 みんな印鑑の印相は気になりますが、どうも霊感商法のイメージがあってか、なかなか買い直したり、観てもらったりできないもの。でもここは、開運のお墨付きなので安心だし、お値段は2万5,000円程度です。

 桃仙さんはカシハラが持参した別の印鑑を指さし、

「こっちのプラスティックのやつは、絶対にお金がたまらないね。これね、ここの後ろの赤いのが消しても消えない。ここは父親の先祖を意味する場所。あなたが唯一、父方系の先祖を背負っていて、あなたの人生をご先祖が応援してくれようとしているのに何もしてないでしょ。ぼちぼちやっておかないと間に合わないので、うちに来させてんだね」

inkan03.jpg
朱肉のシミかと思っていたら、ご先祖様のメッセージとは!

 おっしゃる通り、お金はぜんぜん貯まらないし、父方のお墓には一度も行ったことがありません。

「年上の男が2人見えるけど、危険だから関わらないほうがいいね。健康に影響するようになる」

 印鑑でそこまでわかるんですか!ここで質問したいところですが、答えてくれない場合も多く、見えていても言ってはいけないこともあるようです。

「あなたは女としてはすごく優秀。でも女のサガをうまく利用するズルさを持ち合わせてない。もっと要領よく生きなさいよ。打算でものを考えられたらもっと今すごい人になってた。世界に通用するような文章がかけたはずだね」

 えーと、ちょっと待って! 過去形かよ!! まだまだ人生、諦める気はないんですよ。恋も仕事も、今からでも間に合いますか? それにはどうしたら!?

「もっと色っぽく生きなさいよ。いかに作品に色気を出すかだね」

 色気ですか~。一番、縁のないものなんだよねぇ……と黙っていると、

「ハイ、おしまい! で、ハンコ作んの? 作んないの?」

 とまたニコニコ。ここまで来たら、もう作ります! 作るしかないでしょ!!

「ハンコ作っても幸せにもお金もちにもならないし、何も変わらないよ。それでも作る?」

 作りますってば! ハンコ作って、こうなったら色気を身につけて、もっとビッグロードを目指すしかない!!
(カシハラ@姐御)



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする

最新コラム

印鑑1本で相手を見抜く、芸能人から政治家まで訪れる“見える”ハン...

 前回、占い師というより、「ただの人生相談おばちゃん」に鑑定をしてもらったカシハラです。もはや、占いを巡りすぎて、道に迷...

TOCANA