■「テレビジョンが映らねえ!!」山谷を襲う怪奇現象を徹底取材!

paratei4.jpg

 それは去年の5月22日に開業したスカイツリーとも大きく関係しているのだ。

 ちょうど一周年を迎えた先月から山谷地区で突如テレビが映らなくなってしまったのである。これは、NHKと民放の在京テレビ6局は地上波テレビの電波塔を東京タワーからスカイツリーに移行したことや、デジタルチューナーの設置が遅れていることも原因としてあるのだが、どうにもそれだけではないようなのだ。

 筆者は早速山谷にでかけ、直接宿の主に話を伺ってきた。筆者が取材した15件の簡易宿泊所(簡宿、カンシュク、ドヤ)では、総じて電波が届かず、テレビが見れないという。ちなみにうち7軒はデジタルチューナーに交換済みということだ。

 取材中、実に興味深い話を聞いた。

「ここ最近なのだけど、青い光がさぁーと通って行くのを見たんだよ。あれはきっと人魂だと思うんだ。気味悪くってさ、うちに泊っているじっちゃも、正体がはっきりしなくちゃ寝られないよ、なんて言うもんだから、仕方なく後をついていったんだ。そうしたら、あの、なんだ、なんとかゲンナイって墓の前にすっごい数の人魂があつまっててよ。俺、こわくなっちゃて思わず「かーちゃん」ってさけんじまったよ。わっはっは」

 結局この主にとっては笑い話なのか怪談なのか分からないが、そのドヤが比較的泪橋から外れ、平賀源内の墓に近いことから、何かしらの関係性があることは確かなようだ。

 取材中出会ったドヤ暮らしのMさんから、ワンカップ1本と引き換えに聞いた話では、

「おれはさ、高倉健って言うんだけどさ、夜はいつもテレビを見ていたんだ。そんでさ、テレビが映らなくなる前に、おかしいなと砂嵐の画面をたたいていたら、なんか侍みたいなのが映っただよ。それも1回じゃねえんだよ。あ、こりゃ2本分の情報量だな。わるいねえ」。

 ……さすがにここらへんのおっさんはやり手だなぁ。

 また、「最近白いましゅまろみたいな幽霊を見たんだ」と話すかくがりの中年男性もいた。

 念のため山谷地区にある城北旅館組合の事務所で話を聞いたが、そういうことはないときっぱり断言されてしまった。

paratei1.jpg



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • オカルト
  • 心霊・スポット
  • > 【山谷怪奇事件簿】都内スラム街住人の悲痛な叫び! “怨霊に取り憑かれた街”の実態に迫った30日