pashinperon.jpg
パシンペロンオフィシャルブログより

 2009年に登場した手相芸人・島田秀平に始まり、風水芸人・出雲阿国、ゲッターズ飯田、最近は、スピリチュアル女子大生CHIEのオーラ鑑定が人気となった『笑っていいとも!』(フジテレビ系)に、新たに霊視芸人が登場。「はい! 見えちゃいました」の決めゼリフで始まる驚愕の鑑定内容が、ネット上でも話題となっている。

 それが、女芸人・パシンペロンのはやぶさゆかだ。

■特技は霊視! 「はやぶさゆか」とは何者?
 
 パシンペロンは、はやぶさゆかと、岡ちゃんによるホリプロコム所属の2人組の女芸人。はやぶさのTwitterによると、霊感と相対音感の持ち主で、趣味は、動産情報集め、タロット占い、バイオリン演奏など。さらに、「特技、霊視!!」と書かれている。

 『いいとも!』では、はやぶさが霊視し、相方の岡ちゃんは鑑定中、ホワイトボードに鑑定内容の板書を担当。はやぶさ霊能力は子どもの頃からだそうで、以下のことをみることができる。『いいとも!』での鑑定例もあわせて、彼女の能力を紹介しよう。

■はやぶさゆかの能力とは?

(1)オーラが見える

 はやぶさは鑑定者のオーラをみることで、その人の基本性格やその日の心情、感情がわかる。

 6月9日放送の『いいとも!増刊号』では、ネガティブモデル栗原類のオーラを霊視。まったく心を開いていない栗原相手にも、「はい。見えちゃいました。オーラの色なんですが、テレビではネガティブっておっしゃられてますけれど、すごくエネルギーの塊の色です」と、やたらポジティブっぽい鑑定結果ともにはやぶさが告げたオーラの色は「強すぎる黄色」。思わず栗原が、「厳密に言うと、ネガティブっていうのは、メディアの方が勝手に作り上げたもの」と解説(言い訳?)する場面も。

(2)古傷や体調不良、注意すべき身体の部分がわかる

 はやぶさは、鑑定者の身体のモザイクがかかっている部分を注意深く見ていくと、将来的にかかりそうな病気や、遭いそうな事故がわかる。

 ネットで話題になったのは、劇団ひとりの古傷鑑定。「左寄りの肝臓が腫れて見える」というはやぶさの霊視に、劇団ひとりは、「僕は肝臓を3~4年前に壊して、1カ月くらい病院に入っていた。それで肝臓がちょっと腫れている」と驚いていた。さらにはやぶさは、「左耳の鼓膜を耳かきで傷つける可能性があるので要注意」と霊視し、「これはすごいですよ」と、またも驚く劇団ひとり。なぜなら、「奥さんが耳かきが好きで、よく耳かきをされる。『右の耳の穴は大きいから取りやすいけど、左、取りづらいわ~』と言いながら、奥までやっちゃう」というからだ。

(3)守護霊がその人に伝えたい未来のメッセージを霊視できる

 はやぶさが守護霊の年齢までわかるのは、鑑定者を霊視した瞬間に守護霊の没年数字が見えるからだという。

 6月2日の放送で、AKB総選挙速報第1位のHKT48・指原莉乃を霊視。父方の73歳で亡くなったという女性守護霊からのメッセージを伝えていた。



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 流行・ニュース
  • > 指原莉乃・総選挙1位の陰に、『いいとも!』で話題の霊視芸人のアドバイス!?