teshouhukou.jpg
上半期ついてなかった人は、手帳を見直して運気を取り戻しましょう!

 あっという間に2013年も折り返しです。1年の半分を何気なく過ごしてしまったと、後悔している人もいるのではないでしょうか? 毎日を有意義に過ごすためには、時間の使い方にメリハリを持たせることと、日々のスケジュール管理が大事。その日暮らしで毎日を過ごしていては、年の暮れに同じような後悔をしてしまいます。

 そこで活用したいのが「スケジュール手帳」。ハピズムでもこれまでに手帳を使った開運方法をいくつか紹介してきましたが、面倒だったり、つい後回しにしてしまったりと、実践できない人もいるはず。そこで今回は、やってはいけない手帳術をご紹介。これさえやらなければ、運気の低下も防げるはず。あなたの手帳の使い方は大丈夫?

手帳はメモ部分から先になくなっていく……チャンスを生かせない

 大事なときにすぐに使えるスケジュール手帳のメモは、運気でいうチャンスの部分。そのメモ部分が先になくなっていくと、運気アップにつながるチャンスはつかめても、そこからうまくステップアップできない可能性があります。メモとスケジュール欄は、バランスよく使いましょう。

付箋がつけっぱなし……運気が停滞

 TODOの役目を果たしている付箋。用件がすんだ付箋がついたままの手帳は、運気のめぐりを滞らせている手帳。過去をそのままにしてしまっているため、新しいものを取り入れられなくしています。古い付箋は、すぐにはがしましょう。そして、過去に残した仕事を見直し、必要な分だけ新しく付箋を貼りましょう。

その日、その月の後悔が書かれている……運気をつかむタイミングを逃しやすい

 「ああすればよかった」「こうすれば頑張れた」と後悔や反省を書き、次こそはうまくいくようにと自分自身を奮い立たSE ている人はいませんか? こういったことが書かれている手帳は、気持ちだけが先走りすぎて、周りが見えず、運気をつかむタイミングを逃してしまいます。後悔や反省は記さず、その後の具体的な対策を箇条書きで書き記し、行動に移すといいでしょう。

スケジュール分けにペンを使いすぎている……運気の波に乗れない

 仕事、友達付き合い、習いごと……と、ペンを使ってスケジュールを書き分けるのは◎。でも、ペンを使いすぎている人は、周囲に対してはもちろん、運気に神経質になるところがあります。いろんなことに頑張りすぎて、せっかくやってきた運気の波に乗れず、自分から遠ざけてしまいます。最高5色までに抑えておきましょう。

シールを必要以上に貼り付けている……対人関係でトラブルが

 文房具屋や雑貨屋でよく見かける、手帳用のシール。可愛くて、ついスケジュール欄にたくさん貼ってしまいますよね。しかし、そんな手帳も要注意。対人関係で自己主張が強くなりすぎて、自分にとっていい話が舞い込んでこなくなるかも。シールは、スケジュール欄の外に貼るか、大きさや貼る場所を揃えて貼るといいでしょう。

スケジュールを書き込みすぎている……仕事もプライベートもうまくいかない

 スケジュール欄にあれもこれもと書きすぎて、予定の有無や優先順位がわからなくなってしまっている手帳は、時間をうまく捉えられず、仕事もプライベートもうまくいかなくなってしまう手帳。自分で見てすぐにわかるように、色分けはもちろん、優先順位の順番を書いておくと、仕事やプライベートで失敗が少なくなります。

いろいろ挟み込みすぎて、手帳がパンパンになっている……悪い気がたまりやすい

 手紙やメッセージカード、クーポン、名刺などが挟まっていて、きちんと整理がされていない手帳は、掃除されていない汚部屋と同じ。悪い気だけがたまり、いい情報やチャンスを寄せつけなくしています。いるもの・いらないものを整理し、手帳の中をすっきりさせましょう。

予定より願望が多く書かれている……欲望が強くて運気を下げる

 今後の予定よりも自分の願望が多く書かれている手帳は、願いの効力よりも欲求が強くなっている手帳。欲にまみれた手帳は、運気を下げるもとです。願望を書いた後は、かなえるためのアクションについて考え、そのための予定をスケジュールに組み込みましょう。ただ書くだけでは、願望に近づくことはできません。

使いづらいのに、買い換えずそのまま使っている……思うように物ごとが進まない

 新しい手帳を買ったのに、実際使ってみると自分に合っていないのか使いづらい……。そんな手帳を持っていると、自分で自分の行動を制限させてしまい、空回りしたり、思うようにことが進まなくなってしまいます。使いづらい手帳は、思い切って買い換えましょう。

 運気のいい手帳は、やるべきことや予定、また願望や目標が明確でわかりやすく短く書かれている手帳。ペンやシール、付箋は必要な分だけ、それらの役割をちゃんと理解した上で使うのが運気の上がる手帳の使い方なのです。

 ここ最近、何でも書き込める手帳が人気とのこと。スマホなどでスケジュール管理をデジタル化するよりも、直接手で書いたほうが認識力が高まるのでしょう。上半期の後悔を下半期で巻き返し、悔いのない1年を過ごしためにも、スケジュール管理を今から見直し、うまく時間を活用しましょう。

咲羅紅

咲羅紅

占い師。占術はタロット等。介護職員、美容部員の職歴があり、カウンセリングを得意とする。自然を愛するナチュラリストでもある。


【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 風水・開運
  • > 2013年下半期の運気ガタ落ち! やってはいけない手帳の使い方