jyeshika.jpg
画像は、『ジェシカの言葉 心の奥のもっと奥』(ポプラ社)より

 5月31日に発売された『スターピープル』(ナチュラルスピリット)で、モデル・道端ジェシカの連載企画「道端ジェシカのスピリチュアル体験記」が開始した。

 兼ねてから“スピリチュアル好き”を公言し、もう何年もその日にあった感謝するべきことをノートの左に書き、かなえたい夢を右に書く“感謝ノート”を書き続け、これまでモデルでの成功のみならず、年俸3,000万ポンド(約46億円)のイケメンF1レーサーをゲット、ファッション・ブランド「サマンサタバサ」のデザイナーとしての地位確立など、確実に“幸せ”を引き寄せ、そしてつかんできたジェシカ。

 スピリチュアルなメディアへの出演も多く、過去に、“引き寄せの法則”をまとめた『ザ・シークレット』(角川書店)を愛読していることを語ったり、酒井法子の新刊『ウィリアム・レーネンさんから学んだ「つらい過去」を手放す方法(仮)』(主婦の友社)の共著でもあるウィリアム・レーネン氏の著書『幸運を引き寄せる生き方』(角川マガジンズ)で、ウィリアム氏と50ページにも及ぶ対談に参加するなどしている。

 また、自身の著書でも『幸せのある場所』(小学館)でスピリチュアルな体験を語るなど、 芸能界でも屈指のスピリチュアルピープルとして認知度を高めている。

 そんなジェシカが、連載第一回目となる企画で、今、スピリチュアル界隈で話題の「シータヒーリング」の創始者であるヴァイアナ・スタイバル氏と対談。

「意識を上昇させて身体をスキャンする」「創造主のエネルギーとつながって癒やしを得る」「守護天使を見る」「夢の実現を助ける」

 といった、スピリチュアルなワークで、人々を健康で幸せに導く「シータヒーリング」に興味を示し、「将来はセラピストやヒーラーといった道に進みたい」と、自身の夢を激白した。

「ヴァイアナ・スタイバル氏は、スピリチュアル界では今注目の人物。シータヒーリング自体は、サイキックな能力は必要としないワークですが、彼女には“特別な力がある”と、業界でも評判です。取材をするとわかるらしいのですが、会った人の虫歯の位置を正確に言い当て、それが諸悪の根源だと言い放ったり、妊娠の時期を正確当てたりするなど、アッと驚くウワサは絶えません」(元スピリチュアル雑誌編集者)

 さらに、ヴァイアナ氏は対談中にジェシカのリーディングを行い、「あなた(ジェシカ)の手を握った時に色々なシーンがフラッシュのように見えました(中略)、スピリチュアルの面で忙しくしているのが見えました」と、結果を報告。



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • スピリチュアル
  • > 道端ジェシカ、モデルを引退してヒーラーの道へ!? 「地球を変える力をもっています」