shingetu1306.jpg
今月は、ボイドタイムが少なめ!

 6月9日は新月です。新月とは新しい月が生まれる時。このタイミングに合わせてお願いごとをすると、月の成長パワーが得られてかなうといわれています。お願いの仕方は簡単。好きな紙に2件以上10件以内の願いごとを書きとめるだけです(詳しい方法はこちら)。

 今月の新月は「双子座」。どの星座の位置で新月が起こるかによって、得意分野、エネルギーがあふれている分野に特徴があります。今月はどんなジャンルの願いごとがかないやすいのか見ていきましょう!

今月の新月

【新月が起こる時刻】 6月9日0:56
【ボイドタイム】 6月9日17:29~10日1:16

 新月が始まってから48時間以内にお願いごとを書きましょう。8時間以内だとさらに大きな効果が望めます。「ボイドタイム」とは、月の効力が弱くなり人間の判断や決断が間違いやすくなる時間のこと。この時間帯はお願いごとの発信に適していません。

 今月は、ボイドタイムが少なめです。9日の夕方から深夜だけを避けて、お願いごとをしてみましょう。

双子座の新月の得意ジャンルは?

 双子座は情報収集能力や知的好奇心に優れており、自由なコミュニケーションを広げていく星座です。次々と新しいことに興味を示すため、いつまでも若々しく、いい意味での子どもっぽさが残る星座ともいわれています。

 そんな双子座のキーワードは「活動、移動」「学び」「インターネット」「短期旅行」「話術、聞く力」「多芸多才」「臨機応変」「軽いフットワーク」などがあります。今月はこれらに関連したお願いごとをするといいでしょう。

 また、双子座に月がある時は、変化やスピードがもたらされるので、停滞していることや変化させたい状況がある人は、そのことに関してのお願いごともよいでしょう。

★双子座の新月の願いごとの例★
「初めて会う人とでも楽しくコミュニケーションできる自分になりたい」
「インターネットやSNSを効果的に使いこなせますように」
「○○についての適切な情報が入ってきますように」
「いつも新鮮な好奇心が持てる自分になりたい」
「いつまでも若々しくいられますように」……etc.

 また双子座の新月は、ユーモアやサービス精神なども得意ジャンルです。人を楽しませる人気者になりたい人は、そうしたお願いごともしてみましょう。

★双子座が影響をおよぼす身体の部位や症状★
・手、手首
・腕、肩
・肺、呼吸器
・神経系

 これらの部位や症状の治癒に関してのお願いごともいいでしょう。パソコン作業による腕の疲れや肩こりなどのマッサージ治療は、効果が出やすい時です。この機会にケアするといいでしょう。

 それでは、今月・双子座の新月のお願いごとの方法を見ていきましょう。



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする