azisai0608.jpg
花屋に急げ

 梅雨の季節に入り、夏が待ち遠しい季節になりました。ジメジメした梅雨なんか別にいらない、と思っている人はいませんか? 梅雨にはちゃんと生きる意味に根付いた、さまざまな理由があるのです。

梅雨時期の出会いは、長い付き合いになる

 梅雨には、厳しい夏への英気を養うという意味と、植物にとっては恵みの季節ともいえます。この時期に生まれた縁や出会った人々は、長いお付き合いになる可能性が大きい時期です。この大切な時期をより効果的に過ごすには、アジサイのパワーを活用するといいでしょう。

 アジサイは、日本古来の伝統的な花で、その七変化する色味は「虹に通じる」といいます。虹といえば「幸運の架け橋」としても有名ですが、山陰地方のつるし雛のひとつに、アジサイが含まれています。これは、山陰地方では昔からアジサイが蜂の巣に似ているので、「商売繁盛や金運に恵まれる」とされていたためです。また、小さな花やがくが集まって1つの形になっていることから「一家団らん」「家族の強い結びつき」などの意味もあります。

 アジサイの効果を得るには、このつるし雛を家に飾ってもいいですし、鉢植えのアジサイを飾るのも幸運の鍵になります。

息災避けにも

 アジサイは、疫病避けとしての由来もあり、アジサイの紫は「浄化の色」とされます。アジサイを家に置くと、梅雨の間の7つの病を吸い取るといわれ、健康に毎日を過ごせるそうです。

 生物界にもともとある紫という色は太古の昔から掲げられ、聖徳太子の冠位十二階でも紫は最上位でしたし、神社の神主の上の位は紫の袴を身に着けています。この紫色の強い作用を利用して、一年の無病息災・健康祈願を祈るおまじないもできます。

無病息災・健康祈願のおまじない

 まずアジサイの花の着いた枝を用意し、南に1日以上飾ります。そして大切なのは「6月18日」です。この日に、アジサイの枝を半紙に包んで、逆さに高く干します。それだけで梅雨からの1年の間、健全に過ごせる環境を作ってくれるのです。これは1年間そのまま干しておいてください。来年の6月18日、あなたの邪気を吸い取った渇いたアジサイを砕いて、近くの川に流しましょう。



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 知識・作法
  • > 6月18日はアジサイで健康に!梅雨とアジサイにまつわる、タメになる話