ennashiheya.jpg
もういやだーーーー!!!!!

 合コンやパーティー、友人の紹介など、ありとあらゆる出会いの場に足を運んだものの、なかなか結婚にいたらない……。一体、何がいけないのでしょうか。理想が高い? 女性としての魅力がない? その理由はもしかしたら、縁を遠ざけている部屋に住んでいるからかもしれませんよ。今回は、結婚できない女性の部屋の特徴を一挙公開! あなたの部屋はどうでしょうか。さっそくチェックしてみましょう。

<結婚できない部屋・5つの特徴>

【その1】足の踏み場もないほど部屋が散らかっている

 部屋の汚さは、結婚運だけでなく、全ての運を低下させてしまう原因となります。特に、床が足の踏み場がないほど、物やゴミにあふれている場合は要注意! 大地からのいい気をブロックして、わざわざ不浄なエネルギーに変換しているようなものです。床には基本的に物を置かず、できるだけ掃除機をかけましょう。その状態を保てば、次第に気が動き、良縁が訪れるようになります。

【その2】スチール家具・プラスチック製品に囲まれている

 シンプル志向のインテリアによく使われるメタル・スチール家具ですが、実は地磁気や電化製品からの電磁波を乱す作用があります。プラスチック製品も絶縁体のため、静電気を帯びやすく同様の作用が。これらの家具やグッズに囲まれていると精神的に落ち着かなくなり、疲れやすくなるので、出会いがあっても気の利いたアクションを起こしづらくなります。安くて便利なものがたくさんあるかもしれませんが、多用は禁物。できるだけ電磁波を乱さない、開運効果抜群の木製品など自然素材のものに変えましょう。

【その3】ファブリックの色がモノトーン

 黒やグレーなど色彩のないファブリックは、カッコイイけれども、単調で味気ない日々を招く作用があります。紺や青紫など寒色系の暗い色も気持ちが冷める作用があるので、愛を育みづらくなる傾向が。結婚したいのなら、クールなインテリアはNG! パステルカラーや気分が明るくなるような花柄にに変えて、フェミニンな小物を置くようにしましょう。恋愛運・結婚運ともに格段とアップするはずです。

【その4】カーテンは閉めっぱなし

 一人暮らしをしていると、外から室内を探られないように、カーテンを一日中、閉めたままにしておくことが多いかもしれません。でも、これでは気の流れが滞り、状況がマンネリ化しやすくなります。恋人がいても、長い春で終わってしまう可能性が……。日の下で祝福される展開を望むのなら、カーテンは朝のうちに窓とともに開け、太陽の光を取り入れるようにしましょう。そうすれば、結婚などの話がトントン拍子に進むようになります。

【その5】元カレや以前好きだった人の写真や思い出の品がある

 すでに気持ちは薄れ、本当に思い出だけになっていたとしても、それらのグッズは、新たな男性との付き合いを阻む作用があります。元カレの写真や手紙、プレゼントがまだある人は思い切って捨てましょう。過去を断ち切ることが、新しい出会いを呼び寄せる近道となります。

 ほかには、「水回りが汚れている」「男物のインテリアグッズが置いていある」などがあります。縁がないと感じている人は、上記を参考に室内の見直しを図って、結婚チャンスをつかみましょう。

葵翠花

葵翠花(キミカ)

鑑定歴11年。前職は美術教員。相談者の悩みに応じて、タロットや西洋占星術、気学など、あらゆる占術を使って多角的な視点でアドバイスをする。得意とするのは「気になる相手の気持ちや対応策をみること」。第2・4日曜日に浦和パルコ5F占いコーナーにて対面鑑定を行っている。
占い師葵翠花Website


【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする